【店舗向け】おしゃれPOPデザイン例で差をつける!

この記事では、店舗運営者やデザイナーの皆様へ向けて、おしゃれで魅力的なPOPデザインの具体的な例や作り方、デザインのコツについて詳しく解説します。店頭のPOP作成に役立つ情報満載ですので、ぜひ最後までお読みいただき、お店の魅力を最大限に引き出す参考にしてください。

\販促物の製作歴約50年のノウハウを結集/

参考:
POPについての詳細は以下記事にまとめていますのでご興味がある方は是非ご覧ください。

【販促&IT担当必見】popとは徹底解説!活用法から技術まで

  1. おしゃれなPOPデザインの特徴とコツ
  2. おしゃれなPOPデザインの具体例
  3. POPデザインの作成工程とコツ
  4. おしゃれな手書きPOPデザインの作り方
  5. おしゃれなPOPデザインの具体的な事例
  6. おしゃれでポップな図形デザインの例
  7. おしゃれでポップな背景デザインの例
  8. おしゃれでポップな配色デザインの例
  9. まとめ:おしゃれなPOPデザインで店舗の魅力を引き立てよう

Contents

おしゃれなPOPデザインの特徴とコツ

おしゃれなPOPデザインを作るためには、色使い、フォント選び、レイアウト、素材感、そしてデザインの基本ルールを理解し活用することが重要です。以下の順に説明します。 ・色使いの特徴とコツ ・フォントの選び方と活用法 ・レイアウトの工夫と配置のコツ ・素材感の出し方と活用方法 ・デザインの基本ルールとその活用法

色使いの特徴とコツ

おしゃれなPOPデザインでは、色使いが重要な要素となります。色彩のバランスと組み合わせが、全体の雰囲気を大きく左右します。例えば、モノトーンやパステルカラーを用いることで、洗練された印象を与えることができます。また、ポップな色をアクセントとして使うことで、視線を引く効果もあります。しかし、色の組み合わせは慎重に選ぶことが必要で、色彩の基本ルールを理解し、適切な色を選ぶことが求められます。

フォントの選び方と活用法

フォント選びもPOPデザインにおける重要な要素です。メッセージを伝えるための文字は、その形状や大きさによって、視覚的な印象を大きく変えます。例えば、シンプルなサンセリフ体はモダンで洗練された印象を、手書き風のフォントは親しみやすさや温かみを表現します。フォント選びは、商品やブランドのイメージに合わせて行うことが大切です。

レイアウトの工夫と配置のコツ

レイアウトは、情報を視覚的に整理し、視線の動きをコントロールするための重要な要素です。例えば、情報の重要度に応じて配置を工夫したり、視線の流れを意識したレイアウトを作ることで、効果的に情報を伝えることができます。また、空白を活用することで、情報の見やすさを向上させることも可能です。レイアウトの工夫は、情報を効果的に伝え、視覚的な印象を高めるために重要です。

素材感の出し方と活用方法

素材感を出すことで、POPデザインに深みとリアリティを与えることができます。例えば、紙の質感や光沢、インクの色味などを工夫することで、視覚的な魅力を高めることができます。また、デジタルデザインの場合でも、テクスチャやシャドウを活用することで、素材感を表現することが可能です。素材感の出し方は、デザインの質感を高め、視覚的な印象を強化するために重要です。

デザインの基本ルールとその活用法

デザインには、視覚的なバランスやコントラストなど、基本的なルールがあります。以下、具体的に説明します。

バランスの取り方

バランスは、デザイン全体の調和を保つための重要な要素です。例えば、大きな要素と小さな要素、明るい色と暗い色、詰まった部分と空白部分など、対比する要素のバランスを取ることで、視覚的な安定感を生み出します。また、対称的なバランスだけでなく、非対称的なバランスを取ることで、動きやリズムを表現することも可能です。

コントラストの活用方法

コントラストは、視覚的な差異を強調するための有効な手段です。例えば、色や大きさ、形状などの違いを利用して、特定の要素を強調したり、視覚的な階層を作ったりします。コントラストを活用することで、情報の重要度を視覚的に伝えることができ、視線の導線をコントロールすることも可能になります。

おしゃれなPOPデザインの具体例

おしゃれなPOPデザインは、店舗の雰囲気を引き立て、商品の魅力を最大限に引き出す効果があります。ここでは、シンプルなデザイン、ポップなデザイン、レトロなデザインの3つのカテゴリーに分けて、具体的なデザイン例を紹介します。

シンプルなデザインの例

シンプルなデザインは、情報を直感的に伝える力があります。無駄を削ぎ落としたデザインは、視覚的な混乱を避け、商品やメッセージに集中させることができます。以下、具体的に説明します。

モノクロデザインの例

モノクロデザインは、色彩の選択を必要とせず、視覚的な混乱を最小限に抑えることができます。例えば、白地に黒文字、あるいはその逆の組み合わせは、視覚的なコントラストが強く、メッセージが際立ちます。また、シンプルな線画やアイコンを用いることで、情報を一目で理解できるようにすることも可能です。

ミニマルデザインの例

ミニマルデザインは、必要最低限の要素だけで構成され、余計な情報を排除します。例えば、商品の写真と一言のキャッチフレーズ、価格だけを掲載するなど、視覚的なノイズを減らすことで、顧客の注意を商品に集中させることができます。

ポップなデザインの例

ポップなデザインは、明るく楽しい雰囲気を作り出し、店舗に活気を与えます。色彩豊かで、視覚的に魅力的なデザインは、顧客の興味を引き、商品への関心を高める効果があります。以下、具体的に説明します。

カラフルデザインの例

カラフルデザインは、鮮やかな色彩を用いて、POPを目立たせる効果があります。例えば、背景に鮮やかな色を使用し、その上に白や黒の文字を配置することで、視覚的に印象的なPOPを作成することができます。

イラストを活用したデザインの例

イラストを活用したデザインは、商品の特徴や魅力を視覚的に表現することができます。例えば、商品のイラストを大きく描き、その周りに商品の特長を箇条書きで記載するなど、視覚的に訴えることで、顧客の興味を引くことができます。

レトロなデザインの例

レトロなデザインは、懐かしさや温かみを感じさせ、店舗に独特の雰囲気を作り出します。ヴィンテージ感のある色合いやフォントを用いることで、他の店舗と差別化を図ることができます。以下、具体的に説明します。

ヴィンテージデザインの例

ヴィンテージデザインは、古い時代の雰囲気を再現し、店舗に独特の魅力を与えます。例えば、古い広告ポスターを模したデザインや、古風なフォントを使用することで、レトロな雰囲気を醸し出すことができます。

レトロモダンデザインの例

レトロモダンデザインは、古い時代のデザイン要素を現代的にアレンジしたものです。例えば、モノトーンの色合いにポップなイラストを組み合わせるなど、新旧の要素を融合させることで、独特の魅力を持つPOPを作成することができます。

POPデザインの作成工程とコツ

POPデザインの作成には、情報の整理、優先順位の設定、下書きの作成、イラスト・写真の選択、配色のコツなど、いくつかの工程とコツがあります。以下にそれぞれ詳しく説明します。

POPに掲載する情報の整理方法

POPに掲載する情報を整理することは、効果的なメッセージを伝えるために重要です。そのためには、まず商品やサービスの特徴、価格、期間限定の情報など、伝えたい情報をリストアップしましょう。次に、その情報をどのように伝えるか、どの情報を強調するかを考えます。例えば、期間限定のセールを宣伝する場合、セールの期間や割引率を強調することが効果的です。

POPの情報に優先順位をつける方法

POPの情報に優先順位をつけることで、視覚的に重要な情報を強調することができます。そのためには、まず最も重要な情報を決定し、その情報を大きな文字や目立つ色で表示します。次に、その他の情報を順に表示します。例えば、新商品の販売を宣伝する場合、新商品の名前や特徴を最も大きく表示し、その下に価格や販売期間を表示するといった方法があります。

POPデザインの構成を考え、下書きを作る方法

POPデザインの構成を考え、下書きを作ることで、全体のバランスを見ることができます。そのためには、まず紙に大まかな構成を描き出し、どの情報をどこに配置するかを決定します。次に、それぞれの情報の大きさや形、色を考えます。例えば、最も重要な情報は大きく、目立つ色で表示し、その他の情報はそれよりも小さく、控えめな色で表示するといった方法があります。

イラスト・写真の選び方と活用方法

イラストや写真は、POPの視覚的な魅力を高めるために重要な要素です。そのためには、まず商品やサービスの特徴を強調するイラストや写真を選びます。次に、それらをどのように配置するかを考えます。例えば、商品の写真を大きく表示し、その周りに商品の特徴を説明するテキストを配置するといった方法があります。

配色についてのコツと組み合わせ例

配色は、POPの全体的な印象を決定する重要な要素です。そのためには、まず商品やサービスのイメージに合った色を選びます。次に、それらの色をどのように組み合わせるかを考えます。例えば、落ち着いたイメージの商品の場合、淡い色を基調に、強調したい情報には鮮やかな色を使用するといった方法があります。

おしゃれな手書きPOPデザインの作り方

おしゃれな手書きPOPデザインを作るためには、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。 ・手書き風フォントの活用法 ・3色を目安に制作する方法 ・文字の数やサイズに気をつけるポイント ・影・ぼかしでアピールするテクニック

手書き風フォントの活用法

手書き風フォントを活用することで、POPに温かみと親しみやすさを与えることができます。これは、手書き風フォントが人間の手による自然な動きを模しているため、視覚的に心地よく感じられるからです。例えば、商品の特徴を強調する際には太めのフォントを、詳細な説明には細めのフォントを使うなど、フォントの種類と使い分けを工夫すると効果的です。このように手書き風フォントを活用することで、POPが一層引き立ち、商品の魅力を伝えやすくなります。

3色を目安に制作する方法

色の組み合わせは、POPの印象を大きく左右します。特に、3色を目安に制作すると、視覚的なバランスが取りやすいです。これは、色のバランスが取れていると、視覚的に安定感があり、情報を伝えやすくなるからです。例えば、メインの色、サブの色、アクセントの色というように、色の役割を決めて使用すると良いでしょう。このように3色を目安に制作することで、POPが見やすく、情報が伝わりやすくなります。

文字の数やサイズに気をつけるポイント

文字の数やサイズもPOPの見やすさに影響します。情報を多く詰め込みすぎると、視覚的に混雑してしまい、情報が伝わりにくくなります。また、文字のサイズが一定でないと、視覚的に混乱を招きます。例えば、重要な情報は大きな文字で、補足情報は小さな文字で表示するなど、情報の重要度に応じて文字のサイズを変えると良いでしょう。このように文字の数やサイズに気をつけることで、POPが見やすく、情報が伝わりやすくなります。

影・ぼかしでアピールするテクニック

影やぼかしを利用することで、POPに立体感を出し、視覚的に引き立てることができます。これは、影やぼかしにより文字や図形が浮き出る効果があるため、視覚的に印象的になるからです。例えば、商品名や特徴を強調したい場合には、その部分に影をつけると良いでしょう。このように影・ぼかしを活用することで、POPが一層引き立ち、商品の魅力を伝えやすくなります。

おしゃれなPOPデザインの具体的な事例

店舗のPOPデザインは、商品の魅力を引き立て、顧客の購買意欲を刺激する重要な要素です。ここでは、おしゃれで魅力的なPOPデザインの具体的な事例を、以下の順にご紹介します。 ・トリコロールカラーが印象的なデザイン例 ・ゴールド基調がおしゃれなデザイン例 ・筆記体がアクセントのデザイン例 ・パソコンで手書き風POPを作る方法 ・イラスト風に加工するデザイン例 ・おしゃれでポップな文字のデザイン例

トリコロールカラーが印象的なデザイン例

トリコロールカラーを用いたPOPデザインは、シンプルながらも印象的で、視覚的なインパクトを与えます。特に、赤・白・青の組み合わせは、清潔感と爽やかさを演出し、商品の魅力を引き立てます。例えば、白を基調に、赤と青で商品名やキャッチフレーズを強調するデザインは、視線を引きつける効果があります。

ゴールド基調がおしゃれなデザイン例

ゴールド基調のPOPデザインは、高級感と華やかさを演出します。特に、黒や白と組み合わせることで、ゴールドの輝きが際立ち、商品の価値を高める効果があります。例えば、黒を基調に、ゴールドで商品名やキャッチフレーズを描くデザインは、高級感を醸し出します。

筆記体がアクセントのデザイン例

筆記体を用いたPOPデザインは、手書きの温かみと個性を表現します。特に、商品名やキャッチフレーズに筆記体を用いると、他のデザインと差別化を図ることができます。例えば、筆記体で書かれた「SALE」や「NEW」の文字は、視覚的にも印象的で、顧客の注意を引きます。

パソコンで手書き風POPを作る方法

パソコンを用いて手書き風のPOPを作る方法は、手軽に個性的なデザインを実現できます。具体的には、手書き風のフォントを使用したり、イラストソフトで自由な線を描いたりします。また、色彩やレイアウトも自由に調整できるため、自分だけのオリジナルPOPを作成することが可能です。

イラスト風に加工するデザイン例

イラスト風に加工したPOPデザインは、視覚的な魅力を引き立てます。具体的には、商品のイラストを大きく描いたり、背景に風景を描いたりします。また、イラストと文字を組み合わせることで、情報を視覚的に伝えることができます。

おしゃれでポップな文字のデザイン例

文字のデザインもPOPの魅力を引き立てる重要な要素です。以下、具体的に説明します。

手書き風のフォントを使う例

手書き風のフォントを使用すると、POPに温かみと親しみやすさを与えることができます。特に、商品名やキャッチフレーズに手書き風のフォントを用いると、他の文字と差別化を図り、視覚的なインパクトを与えることができます。

境界線を使う例

文字に境界線を加えると、POPが一層引き立ちます。境界線は文字を強調し、視覚的に際立たせる効果があります。特に、キャッチフレーズや重要な情報に境界線を加えると、顧客の視線を引きつけることができます。

文字の一部分を要素に置き換える例

文字の一部をイラストや記号に置き換えると、POPが一層楽しくなります。例えば、「SALE」の「A」をクリスマスツリーに置き換えるなど、季節感やイベントを表現することができます。

文字の色を交互に変える例

文字の色を交互に変えると、POPが一層華やかになります。色彩は視覚的なインパクトを与え、顧客の注意を引きます。特に、キャッチフレーズや重要な情報に色彩を加えると、POPが一層引き立ちます。

濃い影で立体的な文字を作る例

文字に濃い影をつけると、立体感が出てPOPが一層引き立ちます。立体的な文字は視覚的なインパクトを与え、顧客の注意を引きます。特に、商品名やキャッチフレーズに立体感を加えると、POPが一層引き立ちます。

文頭の1文字目を丸で囲む例

文頭の1文字目を丸で囲むと、POPが一層目立ちます。丸で囲まれた文字は視覚的に強調され、顧客の注意を引きます。特に、キャッチフレーズや重要な情報の文頭に丸を加えると、POPが一層引き立ちます。

おしゃれでポップな図形デザインの例

店頭のPOP作成において、おしゃれで魅力的なデザインを実現するための図形デザインの例を以下の順に紹介します。 ・塗り+線で統一するデザイン例 ・スライム枠のデザイン例 ・カクカクの切り取り枠のデザイン例 ・ピクトグラムを使うデザイン例 ・ずれた塗りのデザイン例 ・同じ図形をずらすデザイン例 ・飾り罫のデザイン例 ・しおり風のデザイン例 ・マンガ風の素材を使うデザイン例 ・角丸の図形を使うデザイン例

塗り+線で統一するデザイン例

塗りと線を組み合わせたデザインは、シンプルでありながらも視覚的なインパクトを与えることができます。これは、塗りによる色彩と線による形状のコントラストが、視覚的なバランスを生み出すからです。例えば、黄色の塗りに黒の線を組み合わせたPOPは、明るくポップな印象を与えます。このように、塗りと線を組み合わせることで、視覚的なバランスとインパクトを両立することが可能です。

スライム枠のデザイン例

スライム枠のデザインは、POPに遊び心と動きを加える効果があります。これは、スライム枠が持つユニークな形状と流動性が、視覚的な興奮を引き立てるからです。例えば、緑色のスライム枠を用いたPOPは、視覚的な楽しさと興奮を引き立てます。このように、スライム枠を用いることで、POPに遊び心と動きを加えることができます。

カクカクの切り取り枠のデザイン例

カクカクの切り取り枠のデザインは、POPに独特のエッジを与えることができます。これは、カクカクの切り取り枠が持つ形状が、視覚的な強度と独自性を引き立てるからです。例えば、赤と黒のカクカクの切り取り枠を用いたPOPは、強烈な印象と独自性を放ちます。このように、カクカクの切り取り枠を用いることで、POPに独特のエッジを与えることができます。

ピクトグラムを使うデザイン例

ピクトグラムを使ったデザインは、視覚的なメッセージを伝える効果があります。これは、ピクトグラムが持つ象徴性が、視覚的なメッセージの伝達を強化するからです。例えば、コーヒーカップのピクトグラムを用いたPOPは、一目でコーヒーの販売を伝えることができます。このように、ピクトグラムを用いることで、視覚的なメッセージを強力に伝えることができます。

おしゃれでポップな背景デザインの例

おしゃれでポップな背景デザインは、店頭のPOPにおいて、商品の魅力を引き立て、顧客の注目を集める重要な要素です。以下、具体的なデザイン例をいくつかご紹介します。 ・図形を散りばめるデザイン例 ・ランダムに配置するデザイン例 ・イラストの総柄のデザイン例 ・イラストを散らすデザイン例 ・切り抜き写真にドットのデザイン例 ・影に色を加えるデザイン例

図形を散りばめるデザイン例

図形を散りばめたデザインは、視覚的に楽しく、動きのある印象を与えます。これは、図形の形や色、配置によって多様な表現が可能で、POPの目立ち度を高める効果があります。例えば、背景全体に小さな星形やハート形を散りばめて、キュートな雰囲気を演出したり、大きな円形をいくつか配置して、ポップな印象を作り出すことができます。

ランダムに配置するデザイン例

ランダムに配置するデザインは、自由でカジュアルな雰囲気を作り出します。特に、色や形がバラバラの要素をランダムに配置することで、ユニークでおしゃれなデザインに仕上がります。例えば、色とりどりのドットやストライプをランダムに配置することで、楽しく華やかな背景を作ることができます。

イラストの総柄のデザイン例

イラストの総柄を用いたデザインは、一貫性と統一感を持たせることができます。特定のテーマやイメージに基づいたイラストを背景全体に繰り返すことで、視覚的なインパクトを与え、商品の特徴やコンセプトを強調することができます。例えば、海のイラストを総柄にすることで、夏の商品を強調するなど、季節感やテーマに合わせたデザインが可能です。

イラストを散らすデザイン例

イラストを散らすデザインは、視覚的な楽しさと動きを与えます。特に、色鮮やかなイラストを使用すると、POPが一層目立ちます。例えば、花や蝶などのイラストを背景に散らすことで、春らしい華やかな雰囲気を作り出すことができます。

切り抜き写真にドットのデザイン例

切り抜き写真にドットを組み合わせたデザインは、モダンでおしゃれな印象を与えます。特に、モノクロの写真にカラフルなドットを組み合わせると、洗練されたデザインに仕上がります。例えば、商品の切り抜き写真に、鮮やかなドットを散りばめることで、POPに立体感と動きを与えることができます。

影に色を加えるデザイン例

影に色を加えるデザインは、立体感と深みを与えます。特に、鮮やかな色を用いると、POPが一層引き立ちます。例えば、商品のシルエットに対して、その影部分に色を加えることで、視覚的なインパクトを与えることができます。

おしゃれでポップな配色デザインの例

店頭のPOPデザインにおいて、配色はその魅力を大きく左右します。ここでは、おしゃれでポップな配色デザインの例を以下の順にご紹介します。 ・イラストを使ったカラーデザイン例 ・原色系カラーデザイン例 ・レインボーカラーデザイン例 ・多色カラーデザイン例

イラストを使ったカラーデザイン例

イラストを使ったカラーデザインは、POPに活気と楽しさを与えます。イラストの色彩は、商品の特性や店舗のイメージに合わせて選び、全体の配色に統一感を持たせることが重要です。例えば、カフェのPOPであれば、コーヒーカップのイラストに暖色系の色彩を用いると、温かみと落ち着きを感じさせることができます。このように、イラストの色彩を上手く活用することで、POPの魅力を一層引き立てることができます。

原色系カラーデザイン例

原色系のカラーデザインは、POPに明るさと活力を与えます。原色は視覚的に強く引き立つため、商品の特徴やキャンペーン情報を強調したい場合に有効です。例えば、子供向けのおもちゃ店のPOPであれば、原色の赤や青、黄色を使うことで、子供たちの目を引くことができます。このように、原色系のカラーデザインは、POPの目立ち度を高める効果があります。

レインボーカラーデザイン例

レインボーカラーデザインは、POPに華やかさと楽しさを与えます。虹のように多彩な色を組み合わせることで、視覚的に豊かな印象を与えることができます。例えば、春の新商品紹介のPOPであれば、レインボーカラーを用いることで、新生活の始まりを彩る商品群を表現することができます。このように、レインボーカラーデザインは、季節感や商品の魅力を色鮮やかに表現する効果があります。

多色カラーデザイン例

多色カラーデザインは、POPに個性と創造性を与えます。色の組み合わせは無限大で、それぞれの色が持つ意味を理解し、適切に組み合わせることで、独自の世界観を表現することができます。例えば、アートギャラリーの展示情報のPOPであれば、多色カラーデザインを用いることで、展示作品の多様性や芸術性を表現することができます。このように、多色カラーデザインは、POPの個性を際立たせる効果があります。

まとめ:おしゃれなPOPデザインで店舗の魅力を引き立てよう

本記事では、「pop デザイン例 おしゃれ」のキーワードで検索している店舗運営者やデザイナーの皆様に向けて、おしゃれで魅力的なPOPデザインの具体的な例や作り方、デザインのコツをご紹介しました。POPは、商品の魅力を伝え、お客様の購買意欲を引き立てる重要なツールです。デザインはおしゃれさだけでなく、情報の伝わりやすさも重要です。具体的なデザイン例を参考に、自店舗に合ったPOPを作成し、店舗の魅力を最大限に引き立てましょう。今回学んだ知識を活かして、一歩踏み出してみてください。