おしゃれなチラシのデザインアイデア10選│効果を最大化するコツも紹介

「おしゃれなチラシをつくりたいけど、どのようなデザインがいいんだろう?」と思っていませんか?

本記事では、おしゃれなチラシのデザインアイデアをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

なお、チラシの印刷をするなら「JETPRINT」がおすすめです。小ロットからインターネットでご注文いただけます。

低コストで高品質なチラシを印刷したいのであれば、下記から詳細をチェックしてみてください。

\自社工場だから高品質で低価格/
店頭POP・装飾・イベント・展示会の装飾ツール施工から搬入まで

オリジナルの店頭装飾品を作るなら「JET PRINT」。小ロットから注文できるオンデマンドサービス

おしゃれなチラシのデザインアイデア10選

ここで、おしゃれなチラシのデザインアイデアをご紹介します。

  1. カラーを厳選する
  2. モチーフを主役にする
  3. 特徴のあるフォントを使用する
  4. 写真を取り入れる
  5. 図形を活用する
  6. 線を入れる
  7. グラデーションを取り入れる
  8. 吹き出しを活用する
  9. 配置を中央揃えにする
  10. 雑誌・マンガ風にする

それぞれのデザインを解説します。

アイデア1. カラーを厳選する

画像出典:多摩美術大学

まずは、カラーを絞ってみましょう。デザインでは『70:25:5の法則』という配色のルールがあります。

  • ベースカラー:70%
  • サブカラー:25%
  • アクセントカラー:5%

上記の割合で色を使うと、バランスの取れたデザインに近づきます。アクセントカラーで、注目して欲しい部分を目立たせることも可能です。

まとまりがないと感じたら、まずは色を厳選してみましょう。

アイデア2. モチーフを主役にする

画像出典:ナウ株式会社

モチーフをメインにしてみることも、おすすめの方法です。上記の例は、ウェディングパーティーのプランを紹介するチラシです。

タイトル横の花のモチーフをはじめ、西洋風の装飾で豪華な雰囲気を演出しています。配色や枠線でも、パーティーのきらびやかさを演出しています。

アイデア3. 特徴のあるフォントを使用する

画像出典:ヘイ株式会社

上記の画像は、文字にデザイン性を持たせた例です。日本文化が楽しめる新年イベントのため、筆で書いたような和風のフォントが使われています。

文字の中を赤や黄色で塗ってひと工夫しており、文字自体がチラシの主役にもなっています。

アイデア4. 写真を取り入れる

画像出典:株式会社ナウ

写真をうまく活用すると、おしゃれなデザインのチラシができます。イメージや商品がわかりやすいのはもちろん、インパクトを与えることも可能です。

使う写真は、ハイクオリティな1枚を選びましょう。写真のクオリティが高くないと、消費者は提供している商品やサービスに、不安を覚える恐れがあります。

アイデア5. 図形を活用する

図形を取り入れることもおすすめです。上記の例では、タイトルの一部を正方形で囲っています。

チラシで特に注目させたい部分に使うことで、ターゲットにメッセージが伝わりやすくなります。

アイデア6. 線を入れる

線を入れるだけでも、おしゃれで伝わりやすいデザインを生み出すことは可能です。

画像の例では「MARKETING」と「新規顧客を獲得する19のマーケティング」の間を、線で区切っています。

以下のように、それぞれのメッセージを混同させずに、関連性を持たせたい場合に有効です。

  • タイトルとサブタイトル
  • 商品名とキャッチコピー

チラシ内で他のデザインを邪魔しにくい点でも、おすすめのアイデアです。

アイデア7. グラデーションを取り入れる

グラデーションを取り入れた例が、上記の画像です。複数の箇所にグラデーションを使っていますが、同じグラデーションを使うことで、統一感が出ています。

また、グラデーション以外の部分は白黒にし、色は使っていません。

グラデーションは複数の色を含んでいるため、他に使う色味や背景をシンプルにすると、おしゃれなデザインになります。

アイデア8. 吹き出しを活用する

画像出典:ナウ株式会社

上記の例では、複数の吹き出しを背景に使っています。

学生のバイトに対する悩み・疑問を吹き出し内にたくさん並べることで、共感が得られるチラシです。

また吹き出しのデザインに変化をつけて、メッセージの内容を伝わりやすくしています。ターゲットのリアルな意見や主張を、デザインで表現している一例です。

アイデア9. 配置を中央揃えにする

チラシに載せる文章が短い場合、中央揃えにするのも選択肢の1つです。真ん中に配置すると、文字が小さくても目に入り、視線を集められます。

反対に文字が多い横書きの場合、中央揃えにするのは逆効果です。

横書きで文字数が多いのに中央揃えにしてしまうと、文章の先頭が揃いません。そのため、次の行を読む際に、文章の先頭を探す手間が発生して読みにくくなります。

チラシに載せる文字数が少ないときは、ぜひ中央揃えを試してみてはいかがでしょうか。

アイデア10. 雑誌・マンガ風にする

最後にご紹介するのは、雑誌やマンガ風にするアイデアです。マンガ風のデザインは、「アイデア8. 吹き出しを活用する」でもご紹介しています。

雑誌風のデザインにすると洗練された印象に、漫画のデザインにするとポップな印象に仕上げることが可能です。

上記の画像では、雑誌の表紙風にするため以下の方法を取り入れています。

  • 主張したいメッセージを1つ大きく配置する
  • タイトルを英語にする
  • 人物の写真を載せる

一方、「アイデア8」のようなマンガ風にするには、下記のようなマンガ風の素材を使ってみましょう。

  • 吹き出し
  • 効果音
  • マンガ風の写真加工

チラシに載せる商品・サービスのイメージやターゲットによって、使い分けるのがおすすめです。

チラシのデザインで効果を最大化する3つのコツ

チラシのデザインにおいて効果を最大化するには、以下3つのコツがあります。

  1. 目的・ターゲットを明確にする
  2. 目的・ターゲットに合わせて訴求を厳選する
  3. ターゲットが共感できる訴求を考える

コツを1つずつ解説します。

コツ1. 目的・ターゲットを明確にする

まずはターゲットをはっきりさせましょう。万人受けを狙うと、当たり障りのないデザインのチラシになってしまいます。

ターゲットを明確にしたら、人物像をはっきりさせるため、リサーチや分析を実施しましょう。

リサーチや分析の結果をもとに「ターゲットに何を・どのように見せるか」を考えると、伝わりやすくなります。

ターゲットを定めたら、目的も明確にしましょう。以下のように、チラシの目的はさまざまです。

  • 集客
  • 認知度アップ
  • 問い合わせの訴求

目的がはっきりしていないと、ターゲットへ情報が届きません。ターゲットと目的の両方を明らかにしたうえで、チラシの作成に取りかかりましょう。

コツ2. 目的・ターゲットに合わせて訴求を厳選する

目的やターゲットを明確にしたら、どのような訴求にするかを決めます。

目的やターゲットごとに「どのような情報を届ければ、興味を持ってもらえるのか」を考えましょう。

例えば以下のように、目的・ターゲットは異なります。

  • 駅前にカフェがオープンするので、駅を利用する学生に存在を知ってほしい
  • スーパーのリニューアルにともない、地域住民にSNSの会員登録をしてほしい

カフェのオープンを周知させるのであれば、オープン日時やカフェの場所を目立たせたチラシの作成が必要です。

スーパーのSNSフォロワーを増やすのであれば、チラシにはアカウント名やQRコードを載せることが考えられます。

必要な情報を厳選して訴求してみましょう。

コツ3. ターゲットが共感できる訴求を考える

3つ目のコツは、ターゲットが共感できる訴求を考えることです。ターゲットが、ひと目で共感できる内容でなければ、チラシはすぐに廃棄されてしまいます。

ターゲットがどのようなことに興味があるのか、定量調査・定性調査などで事前に把握しておくことが大切です。

以下のように共感して行動につながれば、チラシの目的は達成したといえます。

  • 写真映えしそうなカフェだから、行ってみたい!
  • お得な情報がゲットできそうだし、SNSをフォローしてみよう!

チラシ以外にも使えるデザイン制作については、下記記事でご紹介しています。あわせてご覧ください。

販促物のデザイン制作で失敗しないために抑えておくべき4つのポイント

販促にチラシを活用するなら効率化も重要

チラシの作成なら、印刷サービス「JETPRINT」がおすすめです。最短3日で納品が可能なため、情報をいち早く届けたい場合に対応できます。

自社の工場で作成しており、高品質のまま低コストを実現しました。高品質なチラシでスピーディーな販促ができれば、販促効果はアップします。

興味がありましたら、ぜひ以下から詳細をご覧ください。

\自社工場だから高品質で低価格/
店頭POP・装飾・イベント・展示会の装飾ツール施工から搬入まで

オリジナルの店頭装飾品を作るなら「JET PRINT」。小ロットから注文できるオンデマンドサービス

おしゃれなデザインのチラシで販促効果を高めよう

本記事では、チラシのおしゃれなデザイン10選を中心にご紹介しました。またチラシのデザインで効果を上げるコツは、以下のとおりです。

  • チラシで何をどのように伝えるか、目的やターゲットを明確にする
  • 目的やターゲットに合わせて、訴求を厳選する
  • ターゲットが共感できるよう、訴求を考える

以上のコツを踏まえて、おしゃれなデザインのチラシを作成し、販促効果を高めましょう。