【プロモーション会社の2.5次元広報レポート】#5 DXへの第一歩!カタログのデジタル化について考えよう!

みなさんこんにちは!
社会と企業と消費者を繋ぎます!PXCInc.の2.5次元広報 架橋 あかりです!

今回のお話は、DXへの第一歩!カタログのデジタル化について考えよう!!です!

新型コロナウイルス感染症の影響で、最近はオンライン展示会も増えてきていますね。また直接訪問しての営業が難しくなって、営業活動もデジタル化しなければならない!と考えている人も多いのではないでしょうか?

そこで!非対面でもサービスや商品を知ってもらうツールの一つとして、デジタルカタログをオススメします!!ただ、デジタルカタログって実際どうなの!!?と思っている方もいらっしゃると思うので導入のメリットとデメリットをご紹介したいと思います!!

デジタルカタログって何?と思っている方は弊社サービス「WAKU WORK」で作成したデジタルカタログがありますので、こちらをご参考にしてみてください♡

【初心者向け】販売促進におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

【事例】セールスプロモーション(SP)におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

WAKU WORKとは

私たちの生活環境は激変し、新しい生活様式と呼ばれる行動変容が求められます。
ただ働く環境において全ての人がリモートワークではなくオフィス・店舗・学校など様々な場所で働いています。私たちPXCは1971年に創業し、約50年間売り場作りや販促プロモーションのお手伝いをしてきました。
今までの知見を活かし、少しでも前向きな気持ちで「ワクワク」と仕事や学びに取り組めるような働く環境をサポートする製品を作ることで新しい価値を提供出来ればと考えています。
そんな思いを込め「WAKU WORK」は生まれました。

デジタルカタログのメリットとは

まず第一に、デジタルカタログのメリットはコストの削減ができるところではないでしょうか!
大きいところでいうと印刷コストがかからないという点がありますよね!
それとデジタル化させることで紙のカタログ在庫を保管する場所が不要になったり、紙ではないので劣化する心配がないところもメリットとして大きいのではないでしょうか!

お次は…なんといっても管理が楽!!
情報の一元管理ができるので、パソコンやスマートフォンなど、デバイスを1つ持っているだけでどこでも資料を見ることができます。

営業さん的にはここはすごく助かるポイントではないでしょうか!?
「会社や家に資料を忘れた!」「会社の重た〜い資料を持ち歩くのが嫌!」などみなさん一度はご経験があると思います!デジタルカタログだと、そのような心配がなくて便利ですよね〜〜

そしてデジタルカタログ最大のメリットといえば、より多くの人に閲覧してもらえる機会が増えるという点!!!
カタログやチラシなどは相手の手元に届かないと、せっかく作ったとしても意味がありません!
従来の紙カタログでは得意先に手渡ししたり、店頭で配布したり、読んでもらえる人の数がどうしても限られてしまいますよね…
しかし、デジタルカタログは場所や時間を問わず好きな時にパソコンやスマートフォンから閲覧できます!検索すれば見てもらえるので、様々な人の目に留まりやすくなります!

デジタルカタログのメリットはこんな感じですかね〜〜!!
いろんな人に見てもらえる可能性がある!というのはデジタルカタログならではの魅力ですよね〜〜!世の中ペーパーレス化が進められているので、時流にも合っていると思います!

では次にデメリットを紹介していきますよ〜〜

デジタルカタログのデメリットとは

デジタルカタログのデメリットとしては専用アプリしか作成ができないことではないでしょうか!

わたしも調べていてびっくりしたのですが、デジタルカタログのデータは専用のアプリでしか作成ができないみたいです〜〜
なので、無料で作成はできない!ということは頭に入れておかなければなりませんね!

また、当たり前ですがインターネット環境に接続していないとデジタルカタログは見ることができません!
スマートフォンの電源が切れてしまった!」「出先でWi-Fiに繋げない!」
などのようなことが起きる可能性があるので、ここは気をつけなければならないところです〜〜!

あ!あとは画面の大きさや解像度によって見やすさが変わってくるところもデメリットとして挙げられます!デジタルカタログはデバイスの画面に表示されるので、利用するデバイスの画面サイズや解像度によって表示範囲や解像度が変わってきます。

例えば…
PC画面とスマートフォンの画面では画面サイズも全く異なります!
PC画面サイズに合わせて作ってしまった場合、スマートフォンでは見づらくなってしまう可能性があることも考えておかなければなりません。
(そもそも印刷物のデザインはデバイス上で見ることを考慮して作られていないので、そのままデジタルカタログにしてしまうと見づらくなってしまう…と先輩が言っていました…!)

デジタルカタログにするには印刷物とは別でデータを作らなければならないので、ここは要注意!!です!!

とここまで、デジタルカタログのメリット・デメリットを紹介してきましたが、みなさんいかがでしょうか?デジタルカタログを作る際には様々なことを考える必要があるのですね…!
わたしの今回の記事も、今後のデジタルカタログ導入検討の際、ご参考にしていただければ幸いです♪

WAKUWORKの最新デジタルカタログはこちらになります!気になる商品がありましたら、PXCまでご連絡下さい♪

PXCお問い合わせページはこちら

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
よかったらまた見てくださいね~♪
Twitter・Instagramも始めました♡よければフォローお願いいたします♪