【プロモーション会社の2.5次元広報レポート】#27 ファッションのDX!メタバースファッションにも繋がる新技術を体験してきました!

みなさん、こんにちは!社会と企業と消費者を繋ぎます!PXCInc.の2.5次元広報担当 架橋 あかりです!先日、ファッションワールド東京2022へ行ってきましたっ(開催期間:2022年4月6日(水)~4月8日(金))

なぜ今回足を運んだかというと…
アパレル業界のDX化・そのトレンドをキャッチしたかったためです!そしてそして、なにやらメタバースに繋がる技術も体験できるとか。

「メタバース」とか「NFT」という言葉を、最近よく耳にすると思います。展示会に行く前に、それぞれちょっと調べてみました。

メタバースとは
「Meta」と「Universe」から形成される「Metaverse(メタバース)」は、その英語の意味通り、現在とは違う次元の世界を指します。現実世界に体がありながらも、仮想空間で「あなた」が行動できる空間のことです。

引用元:https://souken.shikigaku.jp/16938/

なるほどっ 映画『サマーウォーズ』の仮想世界OZをイメージが参考になりそうですね。

もう少し調べてみると、メタバース内で情報の価値を保つために、「ブロックチェーン技術」と「NFT」が重要なことが分かってきました。

ちょっと難しいのですが、例えば、メタバース内で建物を建てたとします。メタバースは現実ではないデータの世界ですから、当然、データの建物です。しかし、データは容易にコピーできてしまいますよね。建物という資産を守るためには、データが「本物」か「複製」かを区別する必要があります。そこで「ブロックチェーン技術」と「NFT」が注目されているのです

ブロックチェーンとは、各ネット上の取引を相互に監視しあうことでデータの改ざんをしづらくする仕組みのことです。こうしたデータの改ざんを防ぐブロックチェーンを活用することで、唯一無二のコピーされないデータ【NFT:Non-Fungible Token 日本語で「非代替性トークン」】を作成することができます。

なるほどなるほどっ!これらの技術はメタバース内で情報の価値を保つためにとっても重要なんですね!これら前提知識を入れたうえで、ファッションのDX化がどこへ向かっているのか、展示会でキャッチしていきましょー!

ファッションDXEXPO内の傾向としては、店舗での顧客体験を仮想世界で実現するためにNFTを作り出す技術に特に関心が集まっているようでした。つまり、バーチャルを活用してお客様の顧客体験を高めるために、店舗の商品やお客様の身体情報をデータ化する方法をみんな知りたいってことですね!

【注目のデジタル技術その①】「バーチャル上で指輪の試着ができるサービス」

近年、JINSのバーチャル眼鏡フィッティングや

株式会社JINS公式HP,「JINS VIRTUAL FIT操作方法」,JINSオンラインショップでのバーチャル試着操作方法 | JINS – 眼鏡(メガネ・めがね) (2022年4月22日閲覧)

ZOZOのARメイク

ZOZOTOWN公式HP,,【ARメイクはじまりました】あなたに似合うリップ・アイシャドウが見つかります – ZOZOTOWN (2022年4月22日閲覧)

などなど、スマホのアプリで試せる機能がどんどん増えていますね!

さて、ファッションワールド東京に出店していた株式会社PERFECT(https://www.perfectcorp.com/ja/business)さんでは、バーチャルメイクやAI肌診断、髪色シミュレーション、更にアイウェアやアクセサリーまで、幅広くバーチャル試着体験が出来るとのことで、ブースにて指輪とイヤリングの試着体験してきました!

※試着した画像は、簡単にダウンロードとシェアができます。SNSにアップできるのは嬉しいですね〜♪

わあ~!すごいっ 本当に着けているようです♡上からリングの画像を重ね合わせているので、着けている感覚こそないものの、自分の手と比較したときのジュエリーの大きさや色味の相性はばっちりわかります。

ただ一点、気になったのは側面のクオリティです。指を動かして側面を映そうとすると、重ねているリングがズレてしまいます…。そうすると「画像」として認識せざるをえず、2次元の世界を感じてしまいますね。メタバースのような現実ではない仮想空間において、ここは改善ポイントだと感じました。360度綺麗に見えたらもっと素敵ですね!

続いてはイヤリング…どれどれ…

引用元:https://www.perfectcorp.com/ja/business/products/ar-virtual-earrings

じゃんっ!(実際に試してみたのですが、画像は公式のものを使用させていただいてますっ)

きちんと耳たぶの下についており、自分の顔との相性や色味もわかりますね!そしてこちらのすごいところは「イヤリングの揺れ」まで再現しているところです!顔を動かすとイヤリングもきらきらと動きます🎵おおぶりのイヤリングは揺れが可愛いポイントの一つですから、女心わかってるなあ~と感心しちゃいましたっ

こちらはお手持ちのスマホのカメラ機能でデモ体験できますっ↓↓

バーチャルメイク・バーチャルフィッティング試着体験サイト – パーフェクト株式会社 (perfectcorp.com)

お店に出向かなくとも、自宅から試着できるので、今後のオンラインショッピング促進にも一躍買いそうですねっ(実際、株式会社PERFECTはMeta社や大手化粧品メーカーとも契約済みだそうです)

注目のデジタル技術②【アパレル商品をデータ化】

続いてはYUKA&ALPHA(ユカアンドアルファ)さんですっ
アパレルの3D着想システムの販売を行っています。

株式会社YUKA&ALPHA公式HP,「CLO Enterpriseの特徴機能」, https://yuka-alpha.com/product/7535.php(2022年4月15日閲覧)

特徴は、商品の質感までわかる3Dデモのクオリティです!店頭で実際に動画を見せていただきましたが、ワンピースの揺れ具合まで確認することができ、技術力の高さを感じましたっ 

自分を模したアバターを製作することもできるそうです。服に袖を通さなくとも、商品を試着している自分自身をオンライン上で客観視することができるようになるかもしれませんねっ

このような事例が増えれば、オンラインショッピングがもっと快適になり、リアルな店舗を抱えるブランドは減りそうです。

また、調べてみるとファッションDXのほかの事例も発見しました!ZOZOを始めとした3社が共同で次世代バーチャル試着体験アプリの実証実験を行ったそうです!2022年2月~3月にかけて行われました。

SoftBank公式HP,「プレスリリース2022」,ZOZOSUITで蓄積した体型計測データを活用! 次世代のバーチャル試着体験アプリが登場 | 企業・IR | ソフトバンク (softbank.jp)(2022年4月22日閲覧)

身長と体重を入力するだけで3Dアバターが作成できちゃいますっ これにより、着丈やサイズ感も確認できるみたいです🎵益々バーチャル空間での服選びに幅が広がる~

まとめ-展示会におけるトレンド

 展示会に出展されているサービスの傾向から、アパレル業界では次の2つの目的のために、DXに注力していると思われます。

①   顧客体験の快適化
オンライン上での試着体験を最適化することで、従来までの通販やECでは困難であった「商品の質感」や「体系との相性」を手軽に体験できるようになりました。「届いてみないと分からない」というオンラインショッピングならではの不安を感じずに、安心して購入できるようになります。

②   環境問題への取り組み
若者を中心にサステナブルへの関心が高まるなか、商品をデータ化し、仮想データを活用した試着体験を提供することで、サンプル製品が不要になります。環境を守ることに加えて、消費者により良い体験を提供できるようになるのです。「世界で2番目の環境汚染産業」と言われるアパレル産業が、率先して環境への負荷を抑えることは、ファッションへの関心が高い若者にとっても良い影響を与えることができるでしょう。

アパレル業界の今後

DXを進めた先に、アパレル業界はどのように変化するのでしょう?業界の今後について、2つの視点で考えてみました!

①商品のDX化を進める
より快適な顧客体験が実現できる今後は、購買行動がリアルからデジタルな空間へ移動します。例えば、感染症対策をきっかけに、化粧品業界はアパレル業界に先立って商品・顧客体験のデータ化をすでに進めています。感染症への心配が払拭されてからも、この動きは継続していくと思われます。したがって、アパレル業界にとっては顧客体験のDX化が欠かせなくなりそうです。

②実店舗でしかできない顧客体験を提供する
しかし、アパレル業界における購買行動はデジタルな空間へ一気にシフトすることは考えにくいです。オムニチャネルのようにリアルな店舗とデジタルな店舗が混在し、消費者が選びたい方を選択します。そうすると、リアルな店舗はより自分のお店が選ばれるように、オンライン上ではできない顧客体験を提供し、デジタルな店舗と差別化する必要があります。例えば、来店限定でノベルティを配布したり、対面でしかできない接客を行う、などです。一方でそれぞれが競い合うだけでなく、リアルとオンラインの長所を適切に融合させることで、より良い顧客体験を提供できるようになると思います。お買い物がより楽しくなると考えると、一人の消費者としては嬉しいですよね♪

以上が、今回ファッションワールド東京に参加して感じた、私なりの考えです!


そして、今回1点気になったことが!お隣のブースではアパレルブランドのサステナブルな社会について取り上げられていましたっ

アパレル業界は世界でも2番目の環境汚染産業と言われており、環境への負荷改善が急務であるとされています。 

ファッションワールド東京全体のサステナブルの傾向として、商品の素材(生地や繊維等)を廃棄物で代替するという方法が目立っていました。なかでも、天然由来の廃棄物を用いることで、アパレル商品を作る際も、それを処分する際も二酸化炭素の排出を抑えるという動きが顕著でしたっ

なかでも気になったのがこちら!朝の情報番組ZIPでも取材されていましたよ~

なんと、これらのスニーカーの製造には果物の廃棄物が利用されているんです!!

それぞれの割合はこのようになってます!(※ソール部分は除く)特殊な技術で植物の廃棄物を上部な素材へ作り変えているんだそう。これにより、例えばりんごの皮や芯を活用したスニーカーは、二酸化炭素の排出を革で製作した場合よりも88%カットできるんですって~~!

フランスで始まったビーガンスニーカーブランド、MoEa(モエア)
公式サイト(英語表記のみ):https://moea.io/

お店の方は、「サステナブルにもこだわっていますが、デザインに注力しています。どんなに環境に良くても、良いデザインでなければ手に取ってくれないですから」と語っていました。なるほど、お客さん目線でモノづくりをするという点は普通のアパレルブランドとかわらないのですね~勉強になりましたっ

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!よかったらまた見てくださいね〜♪
PXCでは、NFT、メタバースを用いたプロモーションの反響や、消費者目線でのサステナビリティなどをソーシャルデータから調査いたしますっ
弊社のサービス「AIGENIC」に関しては下記のリンクからご確認くださいませ〜!

AIが報告。リサーチサービスAIGENIC(アイジェニック)

AIが報告するクラウド型リサーチサービス AIGENIC(アイジェニック)

Twitter・Instagramも始めました♡よければフォローお願いいたします♪