【プロモーション会社の2.5次元広報レポート】#11 ベトナムで今DXが熱い!?ベトナムに進出するメリットを考えてみた

みなさん、こんにちは!
社会と企業と消費者を繋ぎます!PXCInc.の2.5次元広報 架橋 あかりです!

今回はベトナムの今についてのお話をしちゃいますよっ!

なぜベトナム?と思った方!なんとベトナムは今、国を挙げてDX化に取り組んでいるのです。

ベトナムの首相グエン・スアン・フック首相は2020年6月3日に「2025年までの国家デジタルトランスフォーメーション(DX)プログラム及び2030年までの方針」という計画に承認しています。人口、土地、事業登録、金融、保険に関する全データベースのオンライン化・共有を2025年までに100%にすることや、電子政府ランキング(EDGI)で世界トップ50入りをする等、高度なデジタル国家になることを目指しているみたいなんです〜〜!これによって行政手続きやデータ管理のデジタル化による効率化だけではなく民間企業の経営や人々に生活を改善しようとしているみたいなんですね〜!!!

とってもいい計画ですよね〜デジタルを生活に浸透させ、人々の暮らしをより豊かにしていこうとしています…!わたしもベトナムに行きたくなっちゃいました!

画像2
そんなDX化に力を入れているベトナムは今、海外でも注目されているんです。

ベトナムはもともとASEAN加盟国の中でも人件費が比較的安い一方、労働者の質は高いと言われていたのです〜〜

国としても国内総生産(GDP)成長率は右肩上がりで推移しており、ここ15年ほどは安定した経済成長を続けているんですよ。

さらにベトナムの方は繊維産業が主力になっているので、手先が非常に器用なことに加えて、ITリテラシーも高く、質の高いお仕事を期待できちゃうんです!

そんなわけで今、日本からベトナムに進出したい企業さんも多くなってきているんですよ〜〜

画像3

でも急にベトナム進出なんて、ちょっとハードルが高い…!と思っている企業さんも多いのではないでしょうか…

そこで!そんな企業さんを弊社PXCがお助けしちゃいますっ♪
私たちPXCは2013年からトスマックベトナムを設立し、現地でベトナムの方々と一緒にお仕事をしているんです!!

日本国内の案件で販促物、ノベルティの制作を依頼したり、PXCのスタッフが現地の方を採用して、PXCの国内工場で働きながら日本のモノづくりと品質管理の基準を学んでいただくなど、日本とベトナムで連携しながら様々なことに取り組んでいます。

さらに最近では、ベトナム現地に行かなくても、Zoomなどのテレビ会議やNotionなどツールを活用することで、距離を感じさせないコミュニケーションができちゃうんです!!!

もちろん現地には日本人スタッフがおりますので、安心しておまかせください!!

今後はベトナムの国策でもあるDX推進と併せて、先進的なICT(Information and Communication Technology(情報通信技術))を活用しながら、現地で制作した販促物の品質チェックもタイムリーに行ったり、xR(VR、AR、MRなど総称)による店舗の売り場展開やマーチャンダイジングを管理するなど、よりシームレスに日本とベトナムを繋ぐビジネスを手掛けていく予定です♪

今後の発展が期待されるベトナムに進出したい!と思っている企業さんはぜひ弊社にご相談くださいっ

PXCお問い合わせページはこちら

本日は最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
よかったらまた見てくださいね~♪
Twitter・Instagramも始めました♡よければフォローお願いいたします♪