【売り場づくりの極意】小売のプロ必見!売上アップの陳列術

abstract blur in supermarket for background

この記事では、小売店やメーカーの担当者向けに、売上向上のための効果的な売り場づくりの方法や陳列のコツを解説します。導線設計やディスプレイの工夫、商品配置やPOPの活用など、売れる売り場を作るための具体的な手段やポイントを詳しく説明します。売り場づくりに悩んでいる方や、さらなる売上アップを目指す方の参考になる内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

\販促物の製作歴約50年のノウハウを結集/

販促についての詳細は以下記事にまとめていますのでご興味がある方は是非ご覧ください。


販促とは成功への近道!基本から応用まで徹底解説

  1. 売り場づくりの基本的な考え方と重要性
  2. 顧客を引きつける導線設計のポイント
  3. 商品の魅力を引き立てるディスプレイと配置のコツ
  4. 購買意欲を引き出すPOPの活用方法
  5. 売り場づくりのチェックポイントと改善策
  6. まとめ:売り場づくりで売上を向上させよう

売り場づくりの基本的な考え方と重要性

売り場づくりは、商品の売上を向上させるための重要な要素です。その基本的な考え方と重要性について、以下の順に説明します。 ・売り場づくりの目的と重要性 ・マーチャンダイジングと売り場づくり

売り場づくりの目的と重要性

売り場づくりは、商品を効果的に陳列し、消費者の購買意欲を引き出すための重要な手段です。これは、消費者が商品を手に取りやすい環境を作り出すことで、商品の魅力を最大限に引き出すことが可能となります。例えば、商品の特性や消費者の購買傾向に合わせた陳列方法を採用することで、消費者が商品を手に取りやすくなります。これにより、商品の売上向上につながります。

マーチャンダイジングと売り場づくり

マーチャンダイジングとは、商品を効果的に売り場に配置し、消費者の購買意欲を引き出すための手法です。売り場づくりとマーチャンダイジングは密接な関係にあります。以下、具体的に説明します。

マーチャンダイジングの5つの要素

マーチャンダイジングには、商品、価格、プロモーション、場所、人の5つの要素があります。これらの要素を適切に組み合わせることで、消費者の購買意欲を引き出すことが可能となります。例えば、商品の特性に合わせた価格設定やプロモーションを行い、適切な場所に配置し、適切な人に接客させることで、消費者の購買意欲を引き出すことができます。

定番売り場とは?

定番売り場とは、一定の商品群を常に同じ場所に陳列することで、消費者が商品を探しやすくするための手法です。これにより、消費者は商品を探す手間を省き、購買意欲を引き出すことが可能となります。例えば、日用品や食品など、消費者が頻繁に購入する商品を定番売り場に配置することで、消費者の購買意欲を引き出すことができます。

顧客を引きつける導線設計のポイント

売り場づくりにおける導線設計は、顧客の動線を理解し、主要商品の配置を工夫することが基本です。具体的には、「ゴールデンライン」を活用したり、売りたい商品を中央に配置するといった方法があります。

導線設計の基本的な考え方

顧客の動線を理解する

売り場づくりの成功の鍵は、顧客の動線を理解し、それに基づいた導線設計を行うことです。顧客が店内をどのように動くかを把握し、その動線に沿った商品配置を行うことで、商品への接触機会を増やすことが可能となります。例えば、入口からレジまでの動線上に人気商品を配置すると、顧客がその商品に気づきやすくなります。これにより、商品の売上向上につながるでしょう。

主要商品の配置

主要商品の配置も導線設計における重要なポイントです。主要商品を目立つ場所に配置することで、顧客の購買意欲を引き出すことができます。例えば、店内の中央やエンドキャップ(棚の端)など、顧客の視線が自然と集まる場所に主要商品を配置すると良いでしょう。これにより、顧客は主要商品に目を引かれ、購入を検討するきっかけを得ることができます。

導線設計の具体的な例

「ゴールデンライン」を活用する

「ゴールデンライン」とは、顧客の視線が自然と行きやすい、商品がよく売れるとされる棚の高さのことを指します。一般的には、顧客の目の高さから手の届く範囲がゴールデンラインとされています。このゴールデンラインに主要商品を配置することで、商品の視認性を高め、売上向上につなげることができます。

売りたい商品は中央に配置

売り場の中央には、売りたい商品を配置すると効果的です。人間の視線は自然と中央に集まりやすいため、売り場の中央に商品を配置することで、その商品に対する顧客の注目度を高めることができます。例えば、新商品や期間限定商品など、特に売りたい商品を売り場の中央に配置すると、顧客の購買意欲を引き出すことができます。

商品の魅力を引き立てるディスプレイと配置のコツ

売り場づくりにおいて、ディスプレイと商品配置は商品の魅力を引き立て、顧客の購買意欲を高める重要な要素です。以下では、ディスプレイの基本的な考え方、商品配置のコツ、そしてそれらの具体的な例について説明します。

ディスプレイの基本的な考え方

ディスプレイは商品を美しく、魅力的に見せるための手段です。そのため、商品の特性や売りたいポイントを強調し、顧客の目を引くような工夫が必要です。例えば、色や形、サイズなどの視覚的な要素を活用したり、商品の使い方や効果をイメージさせる演出を加えたりします。また、季節やイベントに合わせたディスプレイも効果的です。

商品配置のコツ

商品配置には、顧客の視線を考慮した配置と、商品の特性を活かした配置の2つの視点があります。以下、具体的に説明します。

顧客の視線を考慮した配置

顧客の視線は通常、目の高さから少し下の位置に集まります。この視線の高さに売りたい商品を配置することで、商品に自然と目が行きやすくなります。また、店内の動線に沿って商品を配置し、顧客が自然と商品に触れる機会を増やすことも重要です。

商品の特性を活かした配置

商品の特性を活かした配置とは、商品の形状、大きさ、色などを考慮して配置することです。例えば、大きな商品は床置きにし、小さな商品は棚に並べるなど、商品の特性に合わせた配置を心掛けます。また、色彩心理を活用し、色による購買意欲の喚起も効果的です。

ディスプレイと商品配置の具体的な例

ディスプレイと商品配置の具体的な例として、「売りたい商品の陳列面を増やす」や「売上の低い商品は売れ筋の商品で挟むように陳列する」などがあります。

売りたい商品の陳列面を増やす

売りたい商品の陳列面を増やすことで、その商品の存在感を高め、顧客の購買意欲を引き出します。例えば、エンドキャップ(棚の端)に商品を配置したり、特設コーナーを設けたりします。

売上の低い商品は売れ筋の商品で挟むように陳列する

売上の低い商品は、売れ筋の商品と一緒に陳列することで、その商品への注目度を高めることができます。これにより、売上の低い商品の購買機会を増やし、全体の売上向上につなげることが可能です。

購買意欲を引き出すPOPの活用方法

ここでは、購買意欲を引き出すためのPOPの活用方法について、以下の順に説明します。 ・POPの基本的な考え方 ・POPの効果的な活用方法 ・POPの具体的な例

POPの基本的な考え方

POPはPoint Of Purchaseの略で、購入場所での販促手段を指します。その目的は、商品の特徴や魅力を伝え、消費者の購買意欲を引き出すことです。具体的には、商品の特長や価格、キャンペーン情報などを伝えるための看板やポスター、シールなどがあります。これらは、消費者が商品を手に取る直前の判断を左右する重要な要素であり、効果的なPOPは売り場の売上向上に大いに貢献します。

POPの効果的な活用方法

POPの効果的な活用方法について、以下、具体的に説明します。

商品の特徴を強調する

POPは商品の特徴を強調し、消費者の購買意欲を引き出すための重要なツールです。例えば、新商品であれば「新発売」、期間限定商品であれば「期間限定」、特別な価格設定があれば「特価」など、商品の特徴を一目で伝えることができます。これにより、消費者は商品の魅力を直感的に理解し、購入を決定するきっかけを得ることができます。

顧客の視線を引くデザイン

POPは視覚的なインパクトが重要です。色彩や形状、フォントなどを工夫して、消費者の視線を引きつけることが求められます。例えば、赤や黄色は視覚的に強く引きつける色であり、大きな文字や太字は遠くからでも読みやすいです。また、商品の画像を大きく掲載することで、商品の魅力を直感的に伝えることが可能です。

POPの具体的な例

具体的なPOPの例としては、食品スーパーでよく見かける「今日のおすすめ」や「特売情報」などのPOPがあります。これらは商品の魅力や特価情報を伝えるだけでなく、店内の導線を作る役割も果たしています。また、アパレル店では、新商品やセール商品を強調するための大型のPOPが設置されています。これらのPOPは、消費者の購買意欲を引き出し、売り場の売上向上に寄与しています。

売り場づくりのチェックポイントと改善策

売り場づくりは、商品の売上を向上させるための重要な要素です。ここでは、売り場づくりのチェックポイントと、それを改善するための具体的な策を以下の順に説明します。 ・売り場づくりのチェックポイント ・売り場づくりの改善策

売り場づくりのチェックポイント

売り場づくりを行う際には、いくつかのチェックポイントを意識することが重要です。以下、具体的に説明します。

前出しはできているか?

売り場づくりのチェックポイントの一つ目は、商品の前出しが適切に行われているかどうかです。前出しとは、商品を棚の前方に寄せて陳列することで、商品がお客様の目に触れやすくする手法のことを指します。前出しを行うことで、商品の存在感を高め、お客様の購買意欲を引き立てます。例えば、商品が棚の奥に隠れていると、お客様に見つけてもらうのが難しくなります。そのため、商品がきちんと前出しできているかをチェックしましょう。

販促物がきちんと設置されているか?

二つ目のチェックポイントは、販促物が適切に設置されているかです。販促物とは、POPやフライヤー、サンプルなど、商品の魅力を伝えるためのアイテムを指します。これらの販促物を適切に配置することで、商品の特長やセール情報などを効果的に伝えることができます。例えば、新商品のPOPを商品のすぐ近くに設置することで、その新商品の存在をお客様に強く印象づけることが可能です。そのため、販促物が適切に設置されているかをチェックしましょう。

売り場づくりの改善策

チェックポイントを把握した上で、売り場づくりの改善策を考えていきましょう。以下、具体的に説明します。

定期的に商品陳列を変更する

売り場づくりの改善策の一つとして、定期的に商品陳列を変更することが挙げられます。同じ商品配置が続くと、お客様が新鮮さを感じず、興味を失ってしまう可能性があります。定期的に商品の配置を変えることで、お客様に新鮮な驚きを提供し、購買意欲を刺激することができます。例えば、季節ごとにテーマを変えたディスプレイを展開するなど、工夫を凝らすと良いでしょう。

サイドネット売り場を活用する

また、サイドネット売り場の活用も効果的な改善策の一つです。サイドネット売り場とは、レジ周辺や通路の端など、通常の商品棚以外のスペースを活用した陳列のことを指します。これらのスペースは、お客様の視線が自然と集まるため、新商品の紹介やセール商品の展示に最適です。例えば、レジ周辺に人気商品を陳列することで、お客様の購買意欲を最後の一押しすることが可能です。

まとめ:売り場づくりで売上を向上させよう

本記事では、売り場づくりの方法や陳列のコツを詳しく解説しました。導線設計やディスプレイの工夫、商品の配置やPOPの活用など、売れる売り場を作るための具体的な手段やポイントを学び、それらを活用することで、商品の売上向上につながる売り場づくりが可能となります。これらの情報を元に、一人ひとりのお客様が商品に興味を持ち、購入に至るまでの流れをスムーズにする売り場づくりに挑戦してみてください。売り場づくりは、商品の魅力を最大限に引き出し、お客様にとって快適なショッピング環境を提供するための重要な要素です。今すぐ始めて、売上アップを目指しましょう。