【プロモーション会社の2.5次元広報レポート】#9 みんながよく使う「エモい」とは!?分析ツールで使われ方を分析してみた!

みなさん、こんにちは!
社会と企業と消費者を繋ぎます!PXCInc.の2.5次元広報 架橋 あかりです!

今回のテーマはずばり「エモいとは?」です!

この「エモい」という言葉、ご存知でしょうか!?
みなさん一度は耳にしたり、日常生活で頻繁に使ってる!なんて方も多いかと思います。

SNSではデジタルネイティブ層が頻繁に「エモい」を使用している投稿をよく見かけますね〜〜!

しかしみなさん!なんとな〜〜く「エモい」を使用していませんか?
わたしはしています!

今回はそんな、なんとなく使用されている「エモい」という言葉をSNSではどのような意味で使用しているのか解析したいと思います!

そもそもエモいとはどういった意味なのでしょうか?
Wikipediaによると、

エモいは、英語の「emotional(エモーショナル)」を由来とした、「感情が動かされた状態」「感情が高まって強く訴えかける心の動き」などを意味する日本のスラング(俗語)、および若者言葉である。感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「哀愁を帯びた様」、「趣がある」「グッとくる」などに用いられる。」(出典:Wikipedia エモい)

うーーん…ピンとこないですね…
わたしが「エモい」と感じる瞬間はこんな感じかな〜と思います。

①ノスタルジックな雰囲気を感じた時

②少し寂しいようなセンチメンタルな感情になった時

③レトロなモノに触れた時

あくまで個人の見解ですが、幸せいっぱい!というよりは、少し寂しいような、なんとも言えない感情になった瞬間が「エモい」のかもしれません…

そしてその瞬間を切り取ったような写真を見ると人は「エモい」と感じているのかもしれませんね…!!

そう思うと「エモい」と言われる写真は「言葉にできないけれどなんとも言えない感情」になる写真が多く、そして何故か惹かれてしまう写真が多い気がしますね〜

これは、写真そのものに共感しているというよりは、写真から見えてくる背景のストーリーに自分の過去を重ねて共感していたのかもしれないですね…!

少し「エモい」についてわかってきた気がしますが、みなさんはどうでしょうか!!

と、ここで突然ですがあかりクイズです〜!デデン!

この中でエモいものはどれでしょうか!?

notepict_アートボード 1

正解いきますよ〜〜〜


正解は「全部エモい」でした〜〜!!!
正解された方はすでに「エモい」マスターですね!

では4枚の写真の「エモい」はどんな「エモい」なのか弊社サービスであるAIGENICを使用して解析していきましょう!!

■AIGENICとは

AIGENICとは、最新の消費者の感情や感性を調査するリサーチサービスです。消費者にとってその商品はなぜささっているのか、どういう使い方をするとより満足できるのか、と言ったブランディングや商品開発に欠かせない定性的な要素を調査することができます。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

インスタ_アートボード 1

①国立科学博物館「趣に対するエモい」
風情を感じる、レトロでありつつ歴史が作り出したパワーに圧倒される感情を表現しています

インスタ_アートボード 1 のコピー

②教室「懐かしさに対するエモい」
自分が体験した過去(思い出)を思い出してノスタルジックになった感情を表現しています

インスタ_アートボード 1 のコピー 2

③夕焼け「切なさに対するエモい」
風景に対して単純に感動しただけではない、少し哀愁を帯びた感情を表現しています

インスタ_アートボード 1 のコピー 3

④ペットの写真「なんとも言えない感情に対するエモい」
言葉を話せない猫の寂しげな見送り姿から想像される猫の気持ち、そんな猫に送られる人の気持ち、の複数の感情を表現しています

どうでしょうか?
文面と写真を解析することでシーンを立体的に捉えることができ、「エモい」に含まれた体験や感情を把握することができました!
「エモい」だけでもこんなにも多様な使い方をされているのが驚きですよね!!

AIGENICではこのように、文字面や表面上では見えない消費者の感情を把握することができます!

生活者の微細な価値観や感情を把握することが、今後のCXを高めるマーケティングには必要になってきます!お客様の満足度や愛着を高めるためには機能的な価値だけでなく、感情的な価値を高める必要があります!!
また『ビジネス+IT』さんの行ったアンケートによると、なんと90%の人が「CXの必要性を感じている」と回答しているんですっ!
(出典:ビジネス+IT 【600人アンケート】顧客体験(CX)がわかる5つの質問、ツールは何?導入課題は?)

このことからもCXへの課題感を持っていることが伺えますね〜〜
AIGENICではそんな見えにくい消費者の感情を発見して、CXを高める施策に活用することができちゃいます♪

自社の商品はどんな「エモさ」があるのか消費者の感情を分析すればCXを高めることができるかもしれませんよっ!!!!

ということで今回は「エモいとは?」をテーマにSNSでデジタルネイティブ層が頻繁に使用している「エモい」という言葉の意味を解析してみました!

人によって様々な使われ方をされている「エモい」という言葉…とっても奥深いですね…!!
なので「エモい」に正解はありません!わたしもこれからもどんどん使っていこうと思います〜〜!

AIが報告。リサーチサービスAIGENIC(アイジェニック)

AIが報告するクラウド型リサーチサービス AIGENIC(アイジェニック)

【2021年最新】SP(セールスプロモーション)に活かせるリサーチツール26選

顧客の声(VOC)とは?集め方3ステップと効果的な活用方法3つのコツ


本日は最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
よかったらまた見てくださいね~♪
Twitter・Instagramも始めました♡よければフォローお願いいたします♪