販促用ポスターとは?活用例と生活者を惹きつける4つのポイントも紹介

「販促用ポスターってどんなのがあるんだろう?」
「ポスターを使って、販促活動に取り組みたい」

と考えたことはありませんか?販促用ポスターを活用することで、お客様に商品やサービスの良さ、魅力を伝えることができます。

本記事では、主に以下の内容を解説します。

  • 販促用ポスターの概要
  • 販促用ポスターの活用例5選
  • 販促用ポスターの効果を最大化させる4つのポイント

顧客ニーズをくみ取った販促用ポスター制作のためにも、ぜひご一読くだい。

なお、販促用ポスター作成に興味があるのであれば、POP作成サービス「アイポプ」がおすすめです。

AIが自動で顧客のニーズを収集・リサーチ・分析し、過去のノウハウにもとづいてデザインの提案をします。

資料は無料なので、ぜひ以下から気軽にダウンロードしてみてください。

販促用ポスターとは

そもそも販売促進とは、どういった意味なのでしょうか。この章では、販売促進の意味と販促用ポスターの目的について解説します。

販売促進とは

販売促進とは

消費者の購買意欲を刺激し、商品購入を促すために行う活動のこと。セールスプロモーションとも呼ばれる。

販売促進は、来店客数が増えるような取り組みや購入点数が増えるような取り組みです。そのため、商品やサービスの良さなどをわかりやすく伝えることが大切です。

販売促進とは、お客様に喜んでいただくための取り組みとも言えます。

お客様のためにどのような努力や工夫ができるのかを一番に考えることで、ターゲットに刺さる販売促進が実施できます

結果として、売上につながっていくでしょう。

販売促進についてもっと知りたい方向けに、種類や事例など詳しく解説しています。下記の記事をぜひ参考にしてみてください。

販促(販売促進)とは?意味から事例まで知っておくべき基礎知識を解説

販促用ポスターの目的

販促用ポスターの目的

お客様が商品やサービスを購入するきっかけづくりをすること。

モノがあふれる現代は、消費者の選択肢が増えたことにより、商品を作っただけでは簡単には売れません。

企業は売るための知恵が必要となって、お客様の購買欲求を刺激するためにさまざまな販促活動に取り組んでいます。

その購買欲求を刺激するための1つが、販促用ポスターです。キャンペーンの告知や新商品を紹介するためなど、使い方はいくつもあります。

販促用ポスターを掲示することで、販売員がいなくても商品やサービスの良さ、魅力を伝えてくれる存在となります。

販促用ポスターが、お客様の「欲しい!」という購買意欲を刺激する、動機づけの役割となるのです。

販促用ポスターのサイズ・種類

この章では、販促用ポスターのサイズや種類について解説します。1つずつ見ていきましょう。

ポスターのサイズ

■ A版

規格サイズ(mm)用途
A1594×841・ポスター印刷に最も多く利用される
・離れた位置からの閲覧に適している
・商品紹介・イベント告知など
A2420×594・室内のような近い距離からの閲覧に適している
・商品紹介・イベント告知
・メニュー看板
・説明パネル
A3297×420・室内で至近距離からの閲覧に適している
・商品紹介
・イベント告知
・メニュー
・仕様表など

■ B版

規格サイズ(mm)用途
B01030×1456・離れた距離からの閲覧を想定した特大サイズ
・商品紹介
・イベント告知など
B1  728×1030・離れた位置からの閲覧に適している
・商品紹介
・イベント告知など
B2515×728・映画のポスターに使われるサイズ
・至近距離からの閲覧に適している
・商品紹介
・イベント告知
・メニュー看板
・説明パネルなど
B3364×515・電車の中吊り広告にも使用される、小さめのサイズ
・近い距離からの閲覧に適している
・商品紹介
・イベント告知
・メニュー・仕様表など

販促用ポスターのサイズにはいくつも種類があり、広告の目的に合わせたサイズを使うことが大切です。

目立つからといって、大きなポスターがどの場面にも良いとは限りません。販促用ポスターは、貼る場所や用途によって、サイズが変わってきます

たとえば、A1・B0・B1のように大きなサイズのポスターは、離れた位置からの閲覧に適しているため、商品紹介やイベントの告知に使われます。

目的によって使うポスターのサイズが変わるので、参考にしてください。

ちなみに、業界ではポスターのサイズを「A版」「B版」というより、「菊判」「四六版」と呼ぶのが一般的です。

菊判とは、アメリカの標準判サイズに由来しています。A版のことを言います。四六版とは、江戸時代に公用紙として使用されていた美濃判のサイズに由来しています。B版のことを言います。

用紙の種類

素材特徴設置場所
光沢紙・光沢感のある標準的な用紙
・照明が強い場所に設置すると光が反射しやすい
・写真やポスターの印刷に適している
屋内
半光沢紙・フォト光沢紙よりも光沢が控えめ
・インクが乾くのが速く、耐水性が高い
・文字が多いデザインにおすすめ
屋内
上質紙・化学パルプだけでつくられる
・コーティングせず発色を抑えた仕上がりになる
・落ち着いた雰囲気を出したい場合におすすめ
屋内
合成紙・合成樹脂(プラスチック)が主原料となっている用紙
・湿気に強いうえ、破れにくく伸び縮みしにくい
・長期利用に適している
屋内・屋外

ポスターのサイズも大切ですが、印刷する用紙の種類も忘れてはいけません。

サイズやデザインが良くても、印刷する用紙が商品イメージと合っていないと、良さを最大限に表現できないことがあります

販促用ポスターは壁に貼ったり、日光や照明を浴びたりするので、すぐに破れてしまうような薄い紙は適していません。

どの用紙を使うかによって、耐久性や印刷の出来栄えが大きく変わってくるのです。

  • 写真の印刷に合う用紙
  • 文字が多いデザインに合う用紙
  • 写真・文字どちらにも合う用紙
  • 耐水性が高い用紙

など、それぞれの特徴があります。

販促用ポスターの使い方に合わせて、商品イメージの良さを引き立たせる用紙を選ぶようにしましょう

販促用ポスターの活用例5選

販促用ポスターには、どのように活用されているのでしょうか。この章では、販促用ポスターの活用例を5つ紹介します。

販促用ポスターの活用例5選
  • キャンペーン告知ポスター
  • 新商品を紹介する宣伝用ポスター
  • 店舗やイベント会場へ誘導するポスター
  • 展示会・イベントの開催を告知するポスター
  • 広報用ポスター

それぞれ紹介していきます。

例1. キャンペーン告知ポスター

キャンペーンを実施するときには、キャンペーンがあることをお客様に事前に知ってもらうことが大切です。

キャンペーンを知ってもらうための1つの施策として、販促用ポスターの活用が役立ちます。キャンペーン告知ポスターの効果には、下記例があります。

キャンペーン告知ポスターの効果例
  • 新規顧客の獲得
  • リピート客の獲得
  • 商品・サービスの宣伝
  • お店の認知度向上
  • 売上の増加

お客様にキャンペーンのワクワク感を伝え、集客力アップをはかる効果があります。販促用ポスターは、キャンペーンの魅力を伝えやすいので、多く活用されています。

例2. 新商品を紹介する宣伝用のポスター

新商品を宣伝する方法として、販促用ポスターは効果的です。ポスターで、商品の内容や価格、発売時期など顧客の知りたいことを伝えることができます。

新商品が発売される前からポスターで宣伝することで、より多くの人に知ってもらえるのです。

ポスターには、新商品の写真やキャッチコピーも掲載します。そうすることで、顧客の購買意欲と商品に対する期待感を高め、購入につなげられます

例3. 店舗やイベント会場へ誘導するポスター

多くの人の目に触れる場所にポスターを設置することで、店舗やイベント会場への誘導を促すこともできます。

そのためには、お客様に「買いたい」「行きたい」と思わせるような魅力あるポスターに仕上げることが大切です。

それと同時に、パッと見たときの

  • わかりやすさ
  • 目につきやすさ
  • 読みやすさ

も大切です。

お客様の興味・関心をひくポスターに仕上げることで、店舗やイベント会場に来てもらうお客様を増やすことができるでしょう。

例4. 展示会・イベントの開催を告知するポスター

お客様に展示会やイベントを伝えるために、販促用ポスターが活用されます。

ポスターを見た人が「行ってみよう」と思うような、感情を動かすポスターを作ることが集客のカギです。

気持ちを高めたり、購買意欲が湧いたりするようなポスターにすることで、集客が期待できます。来店前に感情が盛り上がれば、お客様も楽しくお買い物ができるものです。

楽しい気分になるようなポスターを作って、お客様に知らせましょう。

例5. 広報用のポスター

広報とは

官公庁・企業・団体などが、自分たちのことや業務内容を広く知ってもらうための活動のことを言います。

広報用ポスターは販売促進としての活用よりも、広く知ってもらう目的で活用されます。企業であれば、企業ブランドや商品・サービスを認知度アップのためです。

官公庁であれば、警察や消防署のポスター・選挙ポスターなどが例としてあげられます。

販促用ポスターで効果を最大化させる4つのポイント

販促用ポスターで効果を最大化させる4つのポイント
  1. 目的に合わせて設置場所を選ぶ
  2. 設置期間に適した素材を選ぶ
  3. 生活者に刺さる訴求を調査し、デザインに落とし込む
  4. 一緒に設置するPOP全体のデザインを考える

ここで、販促用ポスターで効果を最大化させるポイントを解説していきます。

ポイント1. 目的に合わせて設置場所を選ぶ

販促用ポスターは、目的に合わせて設置場所を選ぶことが大切です。ただ闇雲にポスターを貼るのでは効果は薄く、どこに貼るかで、ポスターの効果が変わってきます。

例えば、

  • 「集客」を目的とする場合は、店頭
  • 「購買意欲を高める」を目的とする場合は、商品棚の近く

などです。

目的に合わせて設置場所を選ぶことで、販促用ポスターの効果を最大化させることができます

ポイント2. 設置期間に適した素材を選ぶ

いくら良い販促用ポスターでも、設置しているうちに破れてしまったり、色あせたりすることがあります

ポスターがみすぼらしくなり、惹かれるものがなくなるからです。それでは、販促効果が期待できません。

ポスター用紙は、屋外と屋内で適した素材が違います。また、設置する期間の長さでも変わってきます。

前述の通り、さまざまな種類の用紙がありますので、用途に合わせたポスター用紙を使うようにしましょう

ポイント3. 生活者に刺さる訴求を調査しデザインに落とし込む

ターゲットを絞ることは大切です。幅広い層のお客様をターゲットにすると、訴求ポイントがぼやけてしまいます

商品を売りたいお客様の年代や性別、家族構成などをリサーチして、デザインに落とし込む必要があります。

「誰でもいいから買ってもらいたい」では、商品・サービスは売れません。

ターゲットを絞り、生活者に刺さる訴求をすることで、お客様に共感してもらえる販促用ポスターに仕上がります。

訴求ポイントがブレないように、ターゲット像を明確にしましょう

ポイント4. 一緒に設置するPOP全体のデザインを考える

ポスターだけに限らず、販促物を取り入れるときには、お店の雰囲気やPOP全体に合わせることを意識することが大切です。

統一感がないと、全体のバランスが崩れてしまいます。

販促物の失敗例
  • アットホームなお店なのに、高級店で使うような販促物
  • 洋食のお店なのに、和テイストの販促物
  • 大人向けのお店なのに、若者向けの販促物

大切なことは、お店の雰囲気や一緒に設置するのぼり・什器・トップボードなど、POP全体をふくめてデザインすることです。

そうすることで、販促用ポスターで効果の最大化をはかれます。

生活者を惹きつける販促用ポスターなら「アイポプ」がおすすめ

新しい売り場を作るAI・POP制作サービス「アイポプ」

生活者を惹きつける販促用ポスターを作るなら、POP作成サービス「アイポプ」をおすすめします。

アイポプでできる3つのこと
  1. AIが顧客のポジティブなニーズを収集・分析・リサーチ
  2. ノウハウにもとづいたデザインの提案
  3. 試作品ができるまで最短2週間の作成スケジュールで、コストを大幅カット

アイポプは、AIがSNSから顧客ニーズを収集・分析してオーダー商品を作るサービスです。

消費者の声が集まるSNSからポジティブなニーズをAIが分析するため、生活者に刺さる訴求を見つけられます。

さらに、販促物の制作歴50年というノウハウを凝縮したデザインテンプレートへ落とし込むため、効率的に映える販促用ポスター制作が期待できます。

資料は無料なので、ぜひ以下から気軽にダウンロードしてみてください。

映える販促用ポスターを活用して業績アップを目指そう

販促用ポスターで成果を出すためには、目的やターゲットを明確にすることが重要です。そのために、顧客の情報を収集し、リサーチ・分析を行います。

顧客のニーズを把握することで、映える販促用ポスターが出来上がるのです。

もし、映える販促用ポスターを作りたいのであれば、POP作成サービス「アイポプ」がおすすめです。

アイポプは、AIが顧客のニーズを収集・分析します。

さらに過去のノウハウにもとづいたデザインテンプレートに当てはめるため、映える販促用ポスター制作が効率的に作成できます。

資料は無料なので、ぜひ気軽にダウンロードしてみてください。