ポスターやチラシのキャッチコピーで人を惹きつける例文を総まとめ

「ポスターやチラシで人を惹きつけるキャッチコピーをつくりたい」と悩んでいませんか?

ポスターやチラシは、最初に見たときに目に入るキャッチコピーが重要です。本記事では、目的別にキャッチコピーの作り方と参考の例文を紹介します。

生活者を惹きつけるためにもぜひご一読ください。

なお、ポスターやチラシの印刷をお考えでしたら「JETPRINT」がおすすめです。低コストで高品質な印刷物を作成します。

興味がおありでしたら、ぜひ以下のバナーから詳細をチェックしてみてください。

\自社工場だから高品質で低価格/
店頭POP・装飾・イベント・展示会の装飾ツール施工から搬入まで

オリジナルの店頭装飾品を作るなら「JET PRINT」。小ロットから注文できるオンデマンドサービス

【目的別】ポスター・チラシで人を惹きつけるキャッチコピー15例

ここで、ポスター・チラシで人を惹きつけるキャッチコピーの例文を紹介します。

  1. キャンペーン告知するとき
  2. 新商品を紹介したいとき
  3. 店舗やイベント会場へ誘導
  4. 展示会・イベントの開催を告知したいとき
  5. 広報用に設置したいとき

では1つずつ解説します。

目的1. キャンペーン告知するとき

  • 会員様だけの特別価格!
  • ○○日まで限定!半額キャンペーン開催中
  • 半期に一度!待望のリニューアルセール中

キャンペーン告知するときは、限定性を打ち出すことが重要です。限定感を出すことで、消費者の購買意欲を刺激します。

「損をしたくない」という欲求が働くような、希少性や限定性の高いキャッチコピーをしてみましょう。

目的2. 新商品を紹介したいとき

  • 待望の新作!マンゴー味
  • 新登場!寒い季節にぴったりのカフェモカ
  • いよいよ登場!360度バッチリ録画のドライブレコーダー

新商品を紹介したいときは、新しい情報に興味を持ってもらえるように、ユーザーに語りかけるような言葉を選択します。

例えば、新商品を待ち焦がれているファンの心をくずぐるような、呼びかけの言葉で興味・関心を刺激すると効果的です。

目的3. 店舗やイベント会場へ誘導

  • あなたのためのランチ用意しました
  • ぐつぐつとしっかり煮込んだトロトロのカレー
  • 初回限定のお試しキャンペーン実施中

誘導するには、まるで自分に呼びかけられているようなキャッチコピーを考えます。誘導先にどんなことが待っているのかを想像できるような訴求が、おすすめです。

飲食店など店舗に誘導したいときのキャッチコピーは、オノマトペを盛り込むのも効果的です。

オノマトペは、ぐつぐつやトロトロといった擬音語や、さくさく、ふわふわといった擬態語でおいしそうな料理を想像できるようにします。

目的4. 展示会・イベントの開催を告知したいとき

  • あなたのために全国から最高の技術を集めました!
  • 眠れない夜とはさよなら!実際に眠れるか試しませんか?
  • あなたの転職を応援したいサポーターが待っています!

展示会やイベントの開催を告知するには、参加することでどのようなメリットやベネフィットがあるのかを知らせることが大事です。

企業が集まる展示会では、キャッチコピーひとつで立ち止まってくれるかどうか決まります。短い言葉で人を惹きつけるキャッチコピーが必要です。

目的5. 広報用に設置したいとき

  • さぁ、始まる、本気の会議。
  • 賢い温泉旅行の予約方法を知っていますか?
  • 普通の服というだけなら、ここまで自慢しません。

会社の広報用にキャッチコピーを作成する際は、短い言葉でインパクトを出すことが重要です。そのために、訴求を1つに厳選しましょう。

長い言葉でキャッチコピーを作成しても、ユーザーの興味・関心を惹きつけることはできません。ユーザーに直接語りかけるようなキャッチコピーを作成しましょう

なお、キャッチコピーの例文については以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

pop-catchcopy_1

売れるPOPのキャッチコピー12選│顧客の心をつかむ唯一のポイントも解説

ポスター・チラシのキャッチコピー作成する4ステップ

ここで、ポスター・チラシのキャッチコピーを作成する方法を紹介します。

  1. 定量調査・定性調査でターゲットのニーズを知る
  2. ターゲットや目的を明確にする
  3. 自社商品やサービスの強みを明確にする
  4. ターゲットや配布・設置場所に合わせて訴求を絞る

では1つずつ解説します。

ステップ1. 定量調査・定性調査でターゲットのニーズを知る

まずは、定量調査や定性調査を実施してターゲット分析します。ターゲットのニーズを知るためには、いろいろな視点からの調査が必要になります。

定量調査と定性調査の違いは、下記のとおりです。

違い定量調査定性調査
目的全体像の把握個人の把握
データ数値言葉
主な方法ネットリサーチ
会場調査
郵送調査
グループインタビュー
デプスインタビュー
行動観察調査

キャッチコピーを作成するには、誰に何を伝えるのかが重要です。多角的な調査で、ターゲットについての理解を深めましょう。

ステップ2. ターゲットや目的を明確にする

次は、ターゲット像やポスター・チラシを作る目的を明確にしていきます。ターゲットや目的が明確でないと、刺さる訴求ができず狙った効果を得られないからです。

  • ターゲット:18歳の大学受験を控えて勉強に励む高校生
  • 目的:受験勉強の緊張を癒やすあったかいドリンクを購入してほしい

このように、できるだけ具体的に考えましょう。ターゲットや目的を具体的にすることで、キャッチコピーで伝える文言を絞れます。

ステップ3. 自社商品やサービスの強みを明確にする

ターゲットとなるユーザーの目的を明確にした後は、自社商品やサービスの強みを明確にします。自社の強みを明確にすることで、他社と差別化できるからです。

ポスター・チラシのキャッチコピーは、生活者の何気ない日常で目に入るものです。ひと目見たときに、伝わるものがないと印象に残らず興味を持ってもらえません。

自社商品やサービスの強みを一貫することで、訴求がブレなくなりブランディングも強化されます。

ステップ4. ターゲットや配布・設置場所に合わせて訴求を絞る

最後は、配布・設置場所を決めて訴求を絞り込みます。配布場所によって、歩いている人の属性がかわるからです。

駅の近くであれば、学生や会社員などに配布できます。スーパーマーケットであれば、毎日の食材や日用品を買いに来る人がいるはずです。

配布場所によってポスター・チラシを目にする人の属性が変わります。あらかじめどこで配布するのか決めてから、キャッチコピーを考えましょう。

販促にポスター・チラシを活用するなら効率化も重要

販促をおこなう上で、ポスターやチラシはよく活用されるツールです。

キャンペーンやイベントなどのスケジュールに合わせて、スピーディーに用意しなければならないこともあります。

もちろん、自作することも1つの方法です。ですが、限られたスケジュールのなかで一定のクオリティのポスター・チラシを作成することは、簡単ではありません。

  • イメージどおりの仕上がりを求める
  • 誤字・脱字や、データ不備による印刷ミスを防止する
  • スケジュール遅延を防止できる

上記をクリアしたいのであれば、ポスターやチラシ作りはできるだけ専門家に任せるのがおすすめです。

効率的にイメージどおりの販促物を作るのであれば、検討してみましょう。

効率的なポスター・チラシ印刷ならJETPRINTがおすすめ

効率的にポスター・チラシを印刷するならJETPRINTがおすすめです。自社工場で対応するため、低価格で高品質なポスター・チラシ制作ができます。

納期は最短3営業日なので、急なイベントやキャンペーンにも対応できます。ポスター・チラシは自作もできますが、納得の品質で作成するなら専門家への依頼がおすすめです。

興味がおありでしたら、ぜひ以下のバナーから詳細をチェックしてみてください。

\自社工場だから高品質で低価格/
店頭POP・装飾・イベント・展示会の装飾ツール施工から搬入まで

オリジナルの店頭装飾品を作るなら「JET PRINT」。小ロットから注文できるオンデマンドサービス

生活者に響くキャッチコピーでポスター・チラシを作成しよう

本記事のまとめ
  • 惹きつけるキャッチコピーを考えるなら、まずはターゲットを知ることが重要
  • ターゲットを理解するには、定量調査・定性調査をおこなう
  • 自社商品やサービスの特色や強みを理解することで、ブランディングにつながる
  • ポスター・チラシの印刷は専門家への依頼がおすすめ

ユーザーに響くキャッチコピーでポスターやチラシを作成するには、まずユーザーを知る必要があります。

定量調査・定性調査をおこない、いろいろな視点でユーザーを理解しましょう。