【小売・飲食店向け】のぼりの作り方を解説!成果を出す8つのポイントとは

「のぼりってどうやって作るの?」
「のぼりを作るときに気をつけた方がいいことってあるのかな」

このようにお悩みではないでしょうか。この記事では

  • のぼりの作り方
  • 効果的なのぼりを作るために気をつけたいポイント
  • のぼりのサイズと生地の選び方

について、詳しく解説しています。

目的やターゲットに合ったのぼりを作ると集客や売上のアップも期待できるため、ぜひご一読ください。

なお消費者に刺さるのぼりやポップ作りには、自動POP作成サービス「アイポプ」がおすすめです。

アイポプは、AIが消費者のニーズを自動で分析しデザインから印刷まで一貫して行います。

刺さるキャッチコピーや映えるデザインを自動で作成するため、より生活者の目に留まりやすいのぼり作りが可能になります。

詳しく知りたい方は、以下よりサービスサイトをチェックしてみてください。

小売店や飲食店に設置するのぼりの作り方3STEP

のぼりの作り方3STEP
  1. 目的・ターゲットを考える
  2. デザインと構造を考える
  3. 制作会社に発注し印刷

小売店や飲食店に設置するのぼりは、上記の3STEPで作ることができます。まずは、のぼり作りの流れについて解説します。

STEP1:目的・ターゲットを考える

のぼりを作ることにしたら、まずはのぼりの目的やターゲットを決めます。

目的やターゲットが決まっていないと、せっかくのぼりを立てても、得られる効果が少なくなってしまいます。

ただのぼりを作るのではなく、

  • どんな人に見てもらいたいのか
  • のぼりを見た人にどうして欲しいのか

といったことを決めましょう。

目的を決めると聞くと難しく感じるかも知れませんが、「セールの情報を伝える」や「おすすめ商品をアピールする」など、誰に何を伝えたいのかを決めることが重要です。

STEP2:デザインと構造を考える

目的・ターゲットを決めた後は、デザインや構造について考えてみましょう。せっかくのぼりを作っても、目立たないデザインだと注目されず効果を発揮できません。

よってのぼりを作る際は、ターゲットからどう見えるのかを意識しながら、大きさや色について慎重に決める必要があります。具体的には

  • どんな言葉を入れるか
  • イラストはどこに入れるか
  • 形はどうするか

など、のぼりの構造についても合わせて考えてみると失敗しにくくなります。

STEP3:制作会社に発注し印刷

デザインや構造が決まったら、制作会社に発注してのぼりを印刷します。なお制作会社に依頼する際は、のぼりのサイズや生地の種類について選ぶ必要があります。

のぼりには意外と多くのサイズや生地があり、目的や設置場所によって適切なものを選ぶことが重要です。

目的別のサイズや生地の選び方については、後ほど詳しく紹介します。

集客や売上につながるのぼり作りのポイント8つ

のぼりを作る際は、以下のようなポイントを意識して作ることで、集客や売上につながりやすくなります。

集客や売上につながるのぼり作りのポイント
  1. 目的から設置場所を選ぶ
  2. 設置期間に適した素材を選ぶ
  3. 判読距離に合わせてサイズを選ぶ
  4. 生活者に刺さる訴求内容を調べる
  5. 決めた訴求をデザインに落とし込む
  6. 同時に設置するのぼり全体のデザインを考える
  7. 設置環境を想定してデザインする
  8. 時間帯や天候による見え方の変化を想定する

ここでは、より効果的なのぼりを作るための8つのポイントを紹介します。

1.目的から設置場所を選ぶ

のぼりを作る際は、設置目的に応じて設置場所を選びましょう。設置場所によって、見る人や見え方が変わるからです。

のぼりの設置場所は、店先や道路沿いなど、目的やターゲットによって様々な場所が考えられます。

たとえば

  • 店舗への道案内に使用する:店舗に辿り着く前の人がわかるよう、店からやや離れた道路沿いに設置する
  • セールの開催をお知らせする:来客に興味をもってもらうため店先に設置する

など、のぼりの訴求内容は設置場所によって変化します。そのため、最初に目的を決めることで、訴求内容に合わせた設置場所を選びましょう。

2.設置期間に適した素材を選ぶ

のぼりを屋外に設置する場合は、風雨や紫外線による色あせ・汚れ・ほつれなどの劣化は避けられません。

使用環境にもよるものの、のぼりの一般的な寿命は3ヶ月程度と言われています。

そのため

  • 取替を前提とし、コストのかからない素材を選ぶ
  • 設置期間を3ヵ月だけと限定し、少しでも耐久性の高い素材を使用する

など、予定している設置期間や使用目的によって素材を選ぶとよいでしょう。

のぼりに使用する生地は複数の種類があるため、設置期間内に少しでも良い状態を保てるような素材選びがおすすめです。

3.判読距離に合わせてサイズを選ぶ

判読距離に合わせたサイズ選びも、効果的なのぼり作りのために必要なポイントです。

良いのぼりをつくってもターゲットから判読できないようでは、狙った効果が期待できないからです。

判読距離について考える際は、「どれくらい遠くの人の目に留まって欲しいか」を考えることがポイントです。

たとえばターゲットが、

  • 歩いている人
  • 自転車に乗っている人
  • 車に乗っている人

などその人がのぼりを見る際の状況によって、視点の高さや視認距離は変化します。設置場所とターゲットの行動を考えると分かりやすいでしょう。

4.生活者に刺さる訴求内容を調べる

生活者に刺さる訴求内容を調べることも、のぼり作りの際の重要なポイントの1つです。

生活者に刺さるデザインにすることで、訴求内容によっては、より多くの集客や売上の増加が見込める場合もあります。

たとえば、感染予防について訴求したい場合、子どもに関心を持って欲しい場合と、保護者に関心を持ってもらいたい場合では刺さるデザインが異なります。

そのため、のぼりを設置する場所や目的・ターゲットから、どのような訴求をすれば効果が出そうかよく調べておきましょう。

5.決めた訴求が伝わりやすいデザインに落とし込む

訴求内容を決めた後は、決めた訴求が伝わりやすいデザインに落とし込みます。のぼりのデザインを考える際は、少しでも多くの人の注目を集めることが重要です。

  • 見にくいデザインになっていないか?
  • 伝えたいことがわかりやすいか?

など、配色や文字の配置などを考えるときに、「どうすればより多くの人の目に留まるのか」について意識するとよいでしょう。

6.同時に設置するのぼり全体のデザインを考える

小売店であれば、のぼりを1本だけ立てるよりまとめて複数本立てるケースが多いです。

そのため、のぼり全体のデザインを考えておかないと、店舗の雰囲気が損なわれたり訴求が伝わらなかったりする恐れがあります。

のぼりを数本まとめて立てる際は、

  • 何メートル間隔に設置するのか
  • すべて同じデザインにするのか
  • 違うデザインと混在させて設置するのか

など、のぼりの設置スペース全体のデザインを考えることが大切です。

1つののぼりだけに注目するのではなく、複数本まとめて見た際に受ける印象についても考えておくとよいでしょう。

7.設置環境を想定してデザインする

のぼりの設置環境を想定してデザインすることも、重要なポイントの1つです。設置環境によっては、想定とは違う見えになる恐れがあるからです。

屋外にのぼりを設置する小売店であれば、のぼりが目立たなければ集客につながる可能性は低くなってしまいます。

一方で、のぼりが目立ちすぎると店舗のイメージダウンにつながってしまうかもしれません。また他の販促物などの障害物があり、せっかく設置しても目立たないケースもあります。

少しでものぼりの効果をアップさせるためには、設置環境を想定してデザインすることが重要と言えます。

8.時間帯や天候による見え方の変化を想定する

時間帯や天候による見え方の変化を想定しておくことも大切です。のぼりを屋外に設置する場合は、時間帯や天候によって見え方が変化するからです。

たとえば日中の明るい時間は見えやすくても、日没が近づくにつれ、何ののぼりなのかわかりにくくなってしまうかもしれません。

またデザインによっては、天候が悪い際や遅い時間帯になると、のぼり自体が見えにくくなってしまうこともあります。

よって時間帯や天候が変化しても、見やすいデザインを意識しておきましょう

小売店や飲食店が使用する「のぼり」とは

小売店や飲食店の店先などでよく目にするのぼりは、店の外を通る人に向けた屋外広告です。のぼりは店の近くを通る人に向けたアピールや、簡単なお知らせといった用途で使用されます。

ここでは、のぼりのサイズと生地の種類・それぞれの特徴について解説します。

のぼりのサイズ

種類サイズ設置例
レギュラー600mm×1800mm・店先に複数本設置してお店のアピールに
スリム450mm×1800mm・屋内でのイベントに
・新規オープンのお知らせ
ショート600mm×1500mm・試食コーナーなど店内でのアピールに
・運動会など子どもの目線に合わせる必要がある際に
スリムショート450mm×1500mm・店頭や店内でのアピールに
(他の販促物の邪魔をしないように置きたい場合)
ジャンボ700mm×2100mm・屋外でのイベントや住宅展示場など

のぼりのサイズは、主に上記の5種類に分けられます。まずは種類について説明します。

レギュラー

レギュラーは、上記の5種類の中で最も一般的なサイズです。屋外・屋内のどちらでも設置しやすく、店先でもあまり邪魔にならない大きさです。

複数のデザインののぼりををずらりと並べ、お店のアピールとしての使用がおすすめです。

スリム

スリムは、レギュラーよりも少し小さいサイズです。屋内に飾ってもあまり邪魔にならないため、店内の案内にも向いています。

また「店先に十分なスペースがないけれどのぼりを設置したい」と考えている方にもぴったりです。

ショート

レギュラーやスリムよりも、高さの低いのぼりです。

低い目線からも見やすい高さなので、運動会など、子どもの目線に合わせる必要があるイベントでの設置にも向いています。

また店内での案内など、屋内の利用にも便利です。

スリムショート

5つの種類の中では、縦・横ともに最も小さいのぼりです。コンパクトなので、設置場所のスペースが限られていても比較的置きやすいタイプです。

また商品や他の販促物が近くにあっても、邪魔しないサイズと言えます。

ジャンボ

5種類の中で最もサイズが大きい、特大サイズののぼりです。大きく面積が広いため、道路脇などに設置しても目に留まりやすいことが特徴です。

屋外でのイベントや住宅展示場など、とにかく目立たせたいときにおすすめです。

のぼりの生地の種類

種類特徴
ポンジー・最も一般的な生地
・軽くて薄い
・のぼりの約90%に使用されている
・設置期間が短い場合におすすめ
トロピカル・分厚い
・透けづらい
・色が飛びづらい
・ポンジーの約2倍の厚みがある
・設置期間が長い場合や屋外設置におすすめ
トロマット・トロピカルよりさらに分厚い
・厚みと重さがある
・発色がいい
・透けづらい
・耐久性があり屋外でも半年程度使用できる
・タペストリーやテーブルクロス・横断幕などに使われることが多い
ターポリン・雨風に負けない耐久性をもつ
・テントの幕やバッグなどにも使用される
・屋外でも数年間使用できる
・丸めてもシワがつきにくい

のぼりの生地の種類には、主に上記の4種類があります。以下、それぞれの特徴について解説します。

ポンジー

ポンジーは、のぼりの約90%に使用されている生地です。軽くて薄く、透け感があります。

また安価なので取り入れやすい反面、耐久性が低いため、短期間の設置におすすめです。

トロピカル

トロピカルは、ポンジーの約2倍の厚みがある素材です。分厚く透けづらいため、色飛びがしにくいことが特徴です。

設置期間が長い場合や、屋外での設置におすすめです。

トロマット

トロピカルよりも分厚く、厚みと重さがある生地です。

発色がよく透けづらいことが特徴で、タペストリーやテーブルクロス・横断幕などに使われることが多いです。

耐久性があり、屋外でも半年程度使用することができます

ターポリン

4つの生地の中では、最も耐久性に優れた素材です。テントの幕やバッグなどにも使用されるほど耐久性があり、屋外でも数年間使用できます

丸めてもシワができにくいため、保管にも適した生地です。

映えるのぼり作りなら「アイポプ」がおすすめ

消費者に刺さるのぼり作りなら、自動POP作成サービス「アイポプ」がおすすめです。アイポプは、AIが消費者のニーズを自動で分析しデザインから印刷まで一貫して行います。

刺さるキャッチコピーや映えるデザインを自動で作成するため、より消費者の目に留まりやすいのぼり作りが可能になります。

  • 消費者のポジティブなニーズを分析するので、新たなニーズに気がつきやすい。
  • 今まで思いつかなかったのぼりづくりのヒントが見つかり、集客・売上アップを期待できる

などの特徴があり、自動で映えるデザインをつくってくれます。また映えるPOP制作や、売れ筋商品・ロングテール商品のリブランドなどにも効果的です。

生活者に刺さるのぼりやポップを作りたい方は、ぜひ以下よりサービスサイトをチェックしてみてください。

消費者の心をつかむのぼりを作って店舗の収益をアップさせよう

本記事のまとめ
  • のぼり作りの際は、ターゲットや目的・設置場所について考えることが重要
  • のぼりのサイズや生地は設置場所やターゲットから選ぶとよい
  • 生活者に刺さるのぼり作りならアイポプがおすすめ

この記事ではのぼりの作り方や、のぼりを作る際に気をつけたいポイント、サイズと種類の選び方について紹介しました。

のぼりは一見どれも同じ様に見えますが、様々なサイズや生地が存在します。

のぼりを作る際は、のぼりを設置する目的やターゲットを決め、消費者に刺さるのぼりを作ることが重要です。

なお映えるのぼり作りには、アイポプがおすすめです。

アイポプは自動でターゲットに刺さるデザインを作成するため、今までにない訴求で消費者の心をつかみやすくなります。

より効果のあるのぼりやポップを作成したい場合は、以下よりサービスサイトをチェックしてみてください。

PXCお問い合わせページはこちら