セールスプロモーションにおけるデザイン制作の全知識│成果を出す4つのコツとは?

「セールスプロモーション実施の手順がわからない」
「セールスプロモーションのデザイン制作のコツを知りたい」

こんな悩みはありませんか?マーケティングにおいて大切な取り組みである、セールスプロモーション。

しかし、一言にセールスプロモーションと言っても手法や展開方法は多岐にわたります。この記事では、以下のような内容をまとめました。

本記事を読んでわかること
  • セールスプロモーション(SP)と、セールスプロモーションにおけるデザインについて
  • セールスプロモーションと広告の違い
  • セールスプロモーションのデザイン制作手順
  • セールスプロモーションで成果を出すためのコツ

生活者に刺さるセールスプロモーションのデザイン制作のコツがおわかりいただけるはずなので、ぜひ参考にしてください。

記事中では、セールスプロモーションツールなど幅広いデザイン制作に役立つ、自動POP作成ツール「アイポプ」も紹介

「アイポプ」はSNSなどの消費者の声を元に、AIが自動で映えるデザインパターンを制作します。

気になる方は、以下からサービスサイトをチェックしてみてください。

セールスプロモーション(SP)におけるデザインとは

セールスプロモーション(SP)におけるデザインとは、ターゲット(消費者)の心を動かすデザインでなくてはなりません。

ターゲットに「商品を購入したい」「サービスを利用したい」と思ってもらえるデザインが、セールスプロモーションにおいて目指すべきデザインです。

しかし、そもそもセールスプロモーションとはどのような行動を指すのでしょうか?以下から詳しく解説していきます。

セールスプロモーションとは

セールスプロモーションとは、ターゲット(消費者)の購買意欲を引き出すための取り組み全般を指します。

主に、

  • 消費者向け
  • 流通業者向け
  • 社内担当者向け

の3つがあり、商品やサービスを認知してもらうことや顧客のニーズを満たすことが目的です。以下の記事では、セールスプロモーションについて詳しく解説しています。

セールスプロモーションの種類や成功させるポイントまで紹介しているので、良かったら参考にしてみてください。

【初心者向け】セールスプロモーション(SP)の種類&活用例を完全ガイド

セールスプロモーションと広告の違い

セールスプロモーションと広告は、その目的に違いがあります。

セールスプロモーションと広告の目的
  • セールスプロモーションの目的:購買意欲を引き出す
  • 広告の目的:多数の消費者やユーザーに商品・サービスの魅力を知ってもらう

セールスプロモーションを実施する中で、多数の消費者やユーザーに商品・サービスの魅力を伝えるための取り組み(広告の出稿・配信)を行うことはあるでしょう。

多数の消費者やユーザーに商品・サービスの魅力を知ってもらうことは、広告の目的です。

セールスプロモーションは「知ってもらう」の先、つまり「買ってもらう」「使ってもらう」という行動まで視野に入れた取り組みなのです。

セールスプロモーションの販促手法

セールスプロモーションの主な販促手法には、以下のようなものが挙げられます。

販促手法の種類14選
  1. 商品サンプルの配布
  2. 顧客限定のキャンペーン企画
  3. チラシ・パンフレットの配布
  4. 看板・ポスターやのぼりの設置
  5. 試食・実演イベントの実施
  6. SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信
  7. クーポン発行
  8. ポイントカードの作成
  9. DMの発送
  10. メルマガの発信
  11. ノベルティグッズの作成
  12. 会員限定サイトの制作・運営
  13. 情報誌の発行
  14. 新聞や雑誌の広告やテレビCM

「広告を出稿する」ということもセールスプロモーションの一環と言えるでしょう。

セールスプロモーションでは広告に加えて、試食・実演イベントの実施や商品サンプルの配布、ノベルティグッズの作成など、消費者が体験できる活動も行います。

セールスプロモーションが積極的に消費者との距離を縮め、購買意欲を促進させる活動であることがわかるでしょう。

販促手法については、以下の記事で詳しく解説しています。

セールスプロモーションを行う上で知っておきたい手法をまとめて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

これだけ知っておけばOK!販促手法の種類14選&目的別の活用例

セールスプロモーションのデザイン制作手順4STEP

では、実際にセールスプロモーションを行うための準備と、セールスプロモーションのためのデザインの制作手順を解説していきましょう。

手順は以下の4STEPです。

セールスプロモーションのデザイン制作手順4STEP
  1. 目的・ターゲットを決める
  2. 目的に合わせて販促手法を選ぶ
  3. 訴求を決める
  4. デザインを制作する

ひとつずつ確認していきましょう。

STEP1:目的・ターゲットを決める

まずは、目的・ターゲットを決めます。

セールスプロモーションを行うのですから、もちろん「購買意欲を引き出す」という目的が挙げられるでしょう。

しかし、取り扱っている商品やサービスによって「購買意欲」の解釈は以下のように異なることが考えられます。

  • 商品の購入(一度きり)
  • 商品の購入(定期的)
  • サービスの利用(一度きり)
  • サブスクリプションのような月額サービス

このように「消費者にどのような購買行動を取ってほしいのか」を明確にすることが大切です。

ターゲットに関しては、自社の商品・サービスのターゲットはもちろん、そこからさらに絞り込んでもよいでしょう。

ペルソナ(性別・年齢・性格・生活スタイルなどを詳細に設定した架空のユーザー像)を作成することも有効です。

STEP2:目的に合わせて販促手法を選ぶ

目的とターゲットが定まったら、販促手法を選びます。

先ほどお伝えした14種類のようにさまざまな販促手法があるため、目的とターゲットに合わせて選びましょう。

どの販促手法を選択する場合でも、「デザインする」という作業は必要になります。

目的を達成できるという予測と同時に、デザインがイメージしやすい、自社がデザインしやすい販促手法を選ぶということもポイントです。

STEP3:訴求を決める

販促手法を決定したら、訴求内容を決めましょう。訴求内容は商品やサービスによって異なりますが、一般的に以下のような内容が挙げられます。

  • 価格
  • 品質
  • 商品・サービスのデザイン
  • 素材
  • 消費者が得られるメリット・ベネフィット
  • 競合他社の商品・サービスと比較した際に優れている点

商品・サービスの魅力と販促手法を照らし合わせ、もっともマッチする訴求内容を選びましょう。

STEP4:デザインを制作する

訴求を決めたら、いよいよデザインを制作します。

セールスプロモーションのデザイン制作のポイント
  • 達成したい目的を意識した
  • 販促手法に最適な
  • 訴求内容を的確に伝えられる

セールスプロモーションでは、上記のような点に注意してデザインを制作しましょう。セールスプロモーションツール制作自体の詳細については、以下の記事にて解説しています。

制作の流れをステップごとに詳しく説明しているため、ぜひ参考にしてください。

【初心者向け】成功するセールスプロモーションツールの制作方法を完全ガイド

次項からは、セールスプロモーションで成果を上げるためのデザイン制作のコツをお伝えしていきます。

セールスプロモーションで成果を上げるデザイン制作の4つのコツ

ここからは、セールスプロモーションで成果を上げるデザイン制作のコツをお伝えします。コツは以下の4つです。

セールスプロモーションで成果を上げるデザイン制作の4つのコツ
  1. 目的・ターゲットを明確にする 。
  2. 訴求するポイントを厳選する
  3. 場所・販促ツールに合わせてデザインする
  4. 生活者が共感できる訴求をする

ひとつずつ確認していきましょう。

1. 目的・ターゲットを明確にする

まず第一に、目的とターゲットを明確にすることが大切になります。どんな目的で誰に届けるかによって、適した訴求方法や販促ツールが変化していくからです。

目的を達成するためには

  • どのような目的を果たしたいのか
  • 誰に情報を届けたいのか

この2点を明確にしておくことが非常に重要です。

目的・ターゲットを明確になっていれば適したデザイン制作がしやすいため、狙いどおりの効果を出せる可能性が高まります。

2. 訴求するポイントを厳選する

訴求するポイントを厳選するという点も、大切なポイントです。

目的とターゲットを意識して訴求するポイントを絞り込み、より消費者に伝わりやすいデザイン制作が大切だからです。

商品やサービスの提供側からすれば、魅力や売りは多数あることでしょう。しかし、伝えたいことをすべてデザインに取り入れれば良いというわけではありません。

訴求するポイントを厳選することで、ターゲットが狙いどおりのメッセージを受け取りやすくなり、成果が期待できるはずです。

3. 場所・販促ツールに合わせてデザインする

設置する場所や、場所に合わせた販促ツールを意識してデザインすることも大切です。販促ツールは、各設置場所によって最適な販促ツールの種類(大きさ・形)が変わります。

セールスプロモーションツールは、さまざまな場所に設置されることが考えられます。例えば小売店では、

  • 大陳陳列(大陳)
  • 定番棚
  • レジ横

などが挙げられるでしょう。また、設置場所や販促ツールの種類は、「目的」「ターゲット」にも密接に関係します。

すべての要素を意識して、効果を最大限引き出せるようデザインを行いましょう。

4. 生活者が共感できる訴求をする

生活者、つまり消費者やユーザーが共感できる訴求を行うことも大切なポイントです。

単に素敵なデザインのセールスプロモーションツールを制作するだけでは、「いいね」のみの感想で終わってしまい成果につながらない可能性があります。

セールスプロモーションの目的は「購買意欲を引き出すための取り組み」です。

生活者に刺さり、「自分も買ってみよう」「自分もやってみたい」と行動を起こす原動力になるデザインを意識しましょう。

生活者に刺さるセールスプロモーションのデザイン制作ならアイポプがおすすめ

AIを活用した自動POP作成サービス「アイポプ」は、商品のブランドや魅力を引き出すデザイン制作ができるツールです

ここまで、セールスプロモーションで成果を上げるデザイン制作のコツをお伝えしましたが、

  • 目的・ターゲットを意識する
  • 場所・販促ツールに合わせる
  • 生活者が共感でき、生活者の心に刺さる

これらのコツをすべてクリアしたデザインの制作は簡単ではありません。仮に制作できたとしても、コストが必要になることが予想されます。

そんなときアイポプなら、AIがSNSから消費者の生の声を自動的に分析。

さらに、分析結果から把握したトレンドやニーズに沿って、刺さるキャッチや映えるデザインパターンを3つ作成します。

消費者の声をもとに制作されたデザインなら、生活者が「なんだか気になる!」と思えるような訴求ができるはず。

もしアイポプに興味があれば、下記からサービスサイトをぜひチェックしてみてください。

生活者の心をつかむデザイン制作でセールスプロモーションから売上アップにつなげよう!

本記事のまとめ
  • セールスプロモーションとはターゲット(消費者)の購買意欲を引き出すための取り組み全般
  • 目的・ターゲットを決め、それらに合わせた販促手法や訴求を厳選していくことが大切
  • デザインを制作する際は「購買意欲を促進する」ことを意識する

生活者・消費者などの心を掴むセールスプロモーションを行うためには、販促ツールのデザイン制作が重要です。

ターゲットに狙い通りのメッセージを伝えられなければ、生活者に刺さるセールスプロモーションを行うことが難しいかもしれません。

生活者の心をつかむ魅力的なデザインを制作して、売上アップにつなげましょう。

販促ツールのデザイン制作には、AIを活用した自動POP作成サービス「アイポプ」がおすすめです。

アイポプなら、

  • AIが消費者の声を分析→トレンドやニーズに沿ったデザインを制作
  • 人が考えるだけでは思い至らない、新たな切り口でのデザインが見つかりやすい
  • 制作・会議・チェックなど、制作コストを大幅に削減できる

など、販促ツール制作のためのリサーチ・デザイン制作から印刷まで自社で一貫して行えます。もし興味がおありでしたら、ぜひ以下からサービスサイトをチェックしてみてください。

PXCお問い合わせページはこちら