これだけ知っておけばOK!販促手法の種類14選&目的別の活用例

「販促手法にはどんな種類があるの?」
「おすすめの手法があれば知りたい」

こういった悩みを持ってはいませんか。本記事では販促手法の具体的な種類と、おすすめの販促手法をまとめました。

本記事を読むとわかること
  • 販促手法の種類
  • おすすめの販促手法

販促において、より高い効果を得るためには目的に合った手法を選ぶことが重要です。販促手法を適切に使用して売上アップを目指すのであれば、ぜひ最後までお読みください。

販促(販売促進)とは?

販促(販売促進)とは

ターゲットの購買意欲を引き出す活動全般のこと。セールスプロモーション(SP)とも呼ばれる。

販促手法について紹介する前に、「そもそも販促とは何か」について簡単に触れておきます。販促は「販売促進」の略で、セールスプロモーションとも呼ばれます。

商品やサービスを認知させ、キャンペーンなどの施策を実施して顧客のニーズを満たすことがおもな目的です。

販促の対象は、おもに下記の3つに分けられます。

販促の対象
  • 消費者向け
  • 流通業者向け
  • 社内担当者向け

さらに、販促の種類は下記の通りです。

販促の種類
  • イベントプロモーション
  • キャンペーンプロモーション
  • インストアプロモーション(店頭プロモーション)
  • ダイレクトマーケティング
  • デジタルプロモーション

販促の種類はたくさんあり、目的に合わせて選ぶ必要があります。目的と手法が合っていなければ、せっかくの施策も低い効果のまま終わってしまうかもしれません。

また、販促については下記の記事で解説しています。成功事例も紹介しているため、詳しく知りたい場合は下記の記事をお読みください。

販促(販売促進)とは?意味から事例まで知っておくべき基礎知識を解説

販促手法の種類14選

販促手法の種類14選
  1. 商品サンプルの配布
  2. 顧客限定のキャンペーン企画
  3. チラシ・パンフレットの配布
  4. 看板・ポスターやのぼりの設置
  5. 試食・実演イベントの実施
  6. SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信
  7. クーポン発行
  8. ポイントカードの作成
  9. DMの発送
  10. メルマガの発信
  11. ノベルティグッズの作成
  12. 会員限定サイトの制作・運営
  13. 情報誌の発行
  14. 新聞や雑誌の広告やテレビCM

具体的な販促手法について、本記事では14の種類を紹介します。それぞれ見ていきましょう。

1. 商品サンプルの配布

項目詳細
目的・新規顧客の獲得
・認知度アップ
・売上を伸ばす
・リピーターを獲得
実際に使われている例・化粧水やファンデーションなどの化粧品
・お菓子や飲料などの食品

商品サンプルの配布は、代表的な販促手法のひとつです。

商品サンプルを配布することで、新規顧客の獲得や認知度アップに貢献し、企業のイメージを向上できます。

また、商品そのものを使用してもらうため、商品の特徴を正しく理解してもらえるメリットもあります。

おもに化粧品や食品のような、消耗品を配布するケースが多いです。

2. 顧客限定のキャンペーン企画

項目詳細
目的・新規顧客の獲得
・認知度アップ
・売上を伸ばす
・リピーターを獲得
・商品特徴の伝達
実際に使われている例・SNSのフォロワー限定キャンペーン
・位置情報を活用したキャンペーン
・SNSでのハッシュタグキャンペーン
・特定の商品購入キャンペーン

顧客を絞ってキャンペーンを行うことで限定性が生まれ、高い効果を得られます。顧客を特定の条件で限定すると、どんな内容なのかより興味を持ってもらえることがあります。

そのため、新規顧客やリピーターの獲得、認知度アップにつながります。

デジタルプロモーションとしてSNSでのキャンペーンが盛んですが、店舗で行われるキャンペーンも少なくありません。

特定のドリンクを買うと、おにぎりが安くなるなどのキャンペーンが代表的です。

店頭キャンペーンのよくある失敗パターンを下記で解説しています。成功事例も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

店頭販促キャンペーンの効果が最大化しない原因と対処法3選!

3. チラシ・パンフレットの配布

項目詳細
目的・新規顧客の獲得
・売上を伸ばす
・商品特徴の伝達
・商品やサービスの紹介
・認知度アップ
実際に使われている例・新聞に折込
・店頭で配布
・企業の会社案内
・製品やサービスの紹介

チラシ・パンフレットの配布は、歴史のある販促手法のひとつです。チラシは多くの場合1枚の紙でできており、新聞の折込や店頭で配布されます。

ほとんどのチラシは安売りなどのキャンペーンを告知するもので、購買意欲に直接アプローチ可能です。

一方で、パンフレットは製本されていることがほとんどです。チラシと内容は違い、企業や製品、サービスを紹介しているものが多く見られます。

4. 看板・ポスターやのぼりの設置

項目詳細
目的・商品の販売
・イベントの告知
・認知度アップ
実際に使われている例・街中に設置されている看板
・店舗などのポスター
・店舗にあるのぼり

看板・ポスターやのぼりはデザインが重要ですが、視覚的にアピールできるため消費者にとってわかりやすい販促手法です。

看板は、下記のようにさまざまな場所で見られます。

看板がよく設置されている場所の例
  • 店先でのメニューボード
  • 道案内を促すもの
  • 建物の上に大きく書かれた社名

一方で、ポスターやのぼりは店舗に設置されていることがほとんどです。いずれにしても商品やイベントを紹介して、認知度アップを目的としています。

視覚効果が高く、訴求しやすい点がメリットです。

5. 試食・実演イベントの実施

項目詳細
目的・売上を伸ばす
・認知度アップ
実際に使われている例・イベントで商品を使用しながら販売
・食品売り場や店頭などで試食販売

試食・実演イベントは、販売員と顧客が直接コミュニケーションをとる販促手法です。メリットは、商品の魅力を直接顧客へ届けられることにあります。

あらかじめ試せるためクレームにもつながりにくく、すぐれた販促手法です。

一方で、商品の説明だけでなく顧客とのコミュニケーション能力も求められるため、販売員のスキルが重要です。

高い効果を得るためには、相応のコストがかかるかもしれません。

6. SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信

項目詳細
目的・集客や販促チャネルの拡大
・商品やキャンペーン情報の発信
・広告では得られないファンの獲得
実際に使われている例・Twitterキャンペーン

SNSやブログでの情報発信は、技術の発展にともなって急速に広まった販促手法です。

スマートフォンが普及して多くの人が気軽に情報発信できるようになり、利用者はさらに増えています。

そのため、SNSメディアでの情報発信は販促の中でも重要なものと考えられています。

低コストで始められることが魅力ですが、自社のSNSアカウントがユーザーに信頼されるまでには時間がかかるケースもあります。

即効性を求めたいのであれば、他の販促手法を検討してみるべきかもしれません。

7. クーポン発行

項目詳細
目的・新規顧客の獲得
・リピーターを獲得
実際に使われている例・値引き
・お試し体験
・キャッシュバック
・無料プレゼント
・送料無料
・会員限定イベント

クーポンの発行は、販促手法の中でも顧客にとって身近な手法です。

もともとクーポンは紙のチケットを指しましたが、現在ではオンラインで発行されるものもクーポンと呼ばれています。

スマートフォンが普及して、さまざまなアプリからクーポンを取得できるようになりました。その分、用途も豊富になり、値引きだけではなくお試し体験やキャッシュバックなどもあります。

効果的な販促にするため、利用された件数を把握しどれくらい効果があったのか確認しましょう。

8. ポイントカードの作成

項目詳細
目的・リピーターを獲得
・優良顧客の育成
・客単価のアップ
実際に使われている例・購入金額に応じてポイント付与

ポイントカードは、だれもが1枚は持っているほど顧客にとってマストアイテムと言える存在です。

よくあるポイントシステムは、購入金額に応じたポイントが付与され、現金のかわりに使用できるものです。

自店だけではなく他の企業と提携して、幅広く利用できるポイントも増えてきました。ポイントありきで店舗を選ぶ顧客も一定数存在し、販促手法として重要と考えられます。

9. DMの発送

項目詳細
目的・見込み顧客に対してアプローチ
・リピーターを獲得
実際に使われている例・クーポン配布
・カタログやパンフレットの配布

デジタルが主流となった現代でも、紙媒体によるDMは有効な販促手法です。DMは、Webから問い合わせがあったなどの見込み顧客に対してアプローチする目的で使われます。

一般的には、クーポンやカタログ・パンフレットを配布してアピールすることが多いです。また、同様の内容で既存顧客をリピーターに育成する目的でも使用されます。

10. メルマガの発信

項目詳細
目的・商品紹介
・イベントの告知
・認知度アップ
実際に使われている例・ECサイト

インターネットが普及して以来、長く続いている販促手法がメルマガです。メルマガは、以前から商品の紹介やイベントの告知のために使われてきました。

大手のECサイトではメルマガを積極的に送り、顧客の購買意欲を引き出しています。

スマートフォンが普及する前はPCから見られていたメルマガですが、現代ではスマートフォンで多くの人に見られることが増えました。

内容や形式をスマートフォンに最適化することで、今後も有効に活用できる販促手法です。

11. ノベルティグッズの作成

項目詳細
目的・認知度アップ
・購買意欲の促進
実際に使われている例・ポケットティッシュ
・カレンダー
・ボールペン

ノベルティグッズは商品サンプルと違い、販売したい商品を配布するわけではありません。目的が、企業や商品の認知度アップやイメージアップだからです。

商品サンプルは商品そのものを配布し、実際に使ってもらうことが目的でした。

一方でノベルティグッズは、ティッシュやカレンダーのように商品とは直接関係ないものを配布します。

そのため、社名やロゴを入れるのは必須で、できるだけ使用頻度の高いアイテムにするのがおすすめです。

使用するたびに社名やロゴが目に入るので、無意識のうちに認知度が上がっているからです。コストはかかりますが、認知度アップや購買意欲の促進のためにも検討してみましょう。

12. 会員限定サイトの制作・運営

項目詳細
目的・認知度アップ
・優良顧客の育成
実際に使われている例・ECサイトのセール
・キャンペーン専用サイト

会員限定サイトの制作・運営で、既存顧客の育成ができます。

会員に限定することで特別感を演出できるうえ、非会員は確認できない情報を発信すれば注目を集められます。

専用のサイトを制作するのはコストがかかりますが、それ以上のメリットがあります。

特にECサイトでのセールは先行してお得な商品が販売されることもあり、既存顧客にとってはうれしいことばかりです。

13. 情報誌の発行

項目詳細
目的・見込み顧客に対してアプローチ
・新規顧客の獲得
・企業・サービスのファンをつくる
実際に使われている例・地域密着型の店舗ビジネス
・アパレルブランドの会員誌

情報誌の発行により、売上の向上やファンを増加させる効果が期待できます。

たとえば地域密着型の情報誌は、地域住民に向けた販促手法として有効です。フリーペーパーとして配布されることが多く、地域の情報やクーポンが綴じられています。

情報誌の目的は、クーポンやお得情報を利用した新規顧客やリピーターの獲得です。地域の情報が載っているため、住人全体にアピールできる点がメリットと言えます。

14. 新聞や雑誌の広告やテレビCM

項目詳細
目的・新規顧客の獲得
・認知度アップ
・商品特徴の伝達
実際に使われている例・キャンペーンの告知
・商品やサービス

インターネットが普及するまでは、新聞や雑誌、テレビCMが販促のおもな手法でした。

ですが、スマートフォンが普及してもなお新聞や雑誌、テレビCMは販促として大きなウェイトを占めています。

目的は多岐にわたり、新規顧客の獲得や認知度アップ、商品特徴の伝達などです。特にテレビCMは重要視され、CMを観て購入を決める顧客も数多くいます。

コストはかかりますが、広く知ってもらうためには重要な販促手法です。

目的別におすすめの販促手法

販促手法は数多くありますが、高い効果を得るためには用途にあった手法を選ばなくてはいけません。

そこで、用途別に販促手法をまとめました。

用途販促手法の例
店頭販促・商品サンプルの配布
・キャンペーンの企画
・チラシ・パンフレットの配布
・看板・ポスターやのぼりの設置
・試食・実演イベントの実施
・SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信
・クーポン発行
・ポイントカードの作成
・DMハガキの送付
・メルマガの発信
・ノベルティグッズの作成
・会員限定サイトの制作・運営
・DMや情報誌の発行
・広告やテレビCM
キャンペーン企画・実行・キャンペーン企画
・チラシ・パンフレットの配布
・看板・ポスターやのぼりの設置
・試食・実演イベントの実施
・SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信
・クーポン発行
・ポイントカードの作成
・DMハガキの送付
・メルマガの発信
・ノベルティグッズの作成
・会員限定サイトの制作やSNSの運営
イベント展示会企画・実行・キャンペーンの企画
・チラシ・パンフレットの配布
・看板・ポスターやのぼりの設置
・SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信
・DMハガキの送付
・メルマガの発信
・サンプル・ノベルティグッズの作成
・会員限定サイトの制作・運営
・新聞や雑誌の広告やテレビCM
ブランド開発・SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信
・メルマガの発信
・会員限定サイトの制作・運営
・広告やテレビCM

販促手法はたくさんあり、複数の用途に利用できる販促手法もあります。たとえば、チラシ・パンフレットの配布は、多くの用途に使用可能です。

配布すれば多くの人にアピールできるため、ぜひ検討してみましょう。

ただし、チラシ・パンフレットは実際の商品と差があると、イメージダウンにつながる恐れがあります。

少ないコストで最大の効果を得られるように、用途に合った販促手法を選ぶのがおすすめです。

目的に合わせた販促手法で売上アップを狙おう!

販促手法について種類と、用途に合わせたおすすめの販促手法を解説しました。

販促手法の種類14選
  1. 商品サンプルの配布
  2. 顧客限定のキャンペーン企画
  3. チラシ・パンフレットの配布
  4. 看板・ポスターやのぼりの設置
  5. 試食・実演イベントの実施
  6. SNSやブログなどSNSメディアでの情報発信
  7. クーポン発行
  8. ポイントカードの作成
  9. DMの発送
  10. メルマガの発信
  11. ノベルティグッズの作成
  12. 会員限定サイトの制作・運営
  13. 情報誌の発行
  14. 新聞や雑誌の広告やテレビCM

販促手法は闇雲に実施するのではなく、目的やターゲットを決めることで最大限の効果を発揮します。

目的をしっかりと定めて、目的に合った販促手法で売上アップを目指しましょう。

また、映える販促ツールを作りたいのであれば、自動POP作成サービス「アイポプ」がおすすめです。

AIが顧客のポジティブなニーズを収集・分析し、自動でPOPのデザインを作成します。情報収集から印刷まで一貫して行えるため、コスト削減も期待できます。

もし気になる場合は、下記より資料をダウンロードしてみてください。

PXCお問い合わせページはこちら