消費者インサイトとは?調査方法や3つの活用ポイントまで総まとめ

「消費者インサイトとは?」
「消費者インサイトの効率的な調査方法を知りたい」

このように考えていませんか?消費者インサイトとは、本人さえ気が付かないうちに抱いている本音のこと。

把握することで、顧客満足度アップやサービス改善などに役立ちます。この記事では下記について解説します。

  • 消費者インサイトの概要
  • 消費者インサイトが重要視される理由
  • 消費者インサイトの調査方法

活用するポイントもお伝えしますので、業績アップ近づけるためにもぜひご一読ください。

もし、よりバイアスのかからない消費者インサイトを調査したいのなら、SNS解析サービス「AIGENIC」がおすすめです。

AIGENICは、AIが自動で情報収集から分析まで対応するサービスです。

消費者の率直な意見があふれるSNSを分析するため、より本音に迫る消費者インサイト調査が期待できます。

資料は無料なので、もし興味がおありでしたら下記からダウンロードしてみてください。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

消費者インサイトとは

消費者インサイトとは

消費者本人さえ気が付かないうちに抱いている本音のこと。購買行動に結びつく本質的な要因。

消費者インサイトとは、消費者本人さえ気が付かないうちに抱いている本音のこと。

消費者の購買行動に結びつくため、マーケティングに活用すれば、顧客満足度アップや商品・サービス改善などに役立ちます。

消費者インサイトを捉えた商品・サービスが提供できれば、消費者の潜在ニーズを解決できる可能性があります。

そのため、消費者に求められる商品・サービス提供につながり市場で生き残っていけるかもしれません。

消費者インサイトと潜在ニーズの違い

消費者インサイトと潜在ニーズの違い
  • 消費者インサイト:消費者がまだ欲求に気がついていない状態。潜在ニーズのさらに深いところにある無意識下の欲求や不満に近い。
  • 潜在ニーズ:消費者自身がすでに欲求を持っているが気づいていない状態。

「消費者インサイト」と「潜在ニーズ」には、上記のように明確な違いがあります。消費者インサイトはニーズのもとになると言える部分です

そのため、ニーズを見つけていく一歩手前の段階を知ることができます。

消費者インサイトが重要視される4つの理由

消費者インサイトが重要視される4つの理由
  1. 顧客体験・満足度アップに役立つから
  2. サービス・製品の改善のヒントを探せるから
  3. 新たな市場を発見しやすいから
  4. 消費者に刺さる訴求を見つけやすいから

ここで、消費者インサイトが重要視される4つの理由を紹介します。

1.顧客体験・満足度アップに役立つから

消費者インサイトが重要視される1つ目の理由は、顧客体験・満足度アップに役立つからです。

消費者インサイトは、消費者の深い心理に迫る情報です。そのため、消費者の求める商品・サービスを先回りして提供できる期待が持てます。

例えば目の前に、暗い色のカーテンを購入しようとする顧客がいるとします。その人が、暗い色を選ぶ理由にはなにがあるのでしょうか?

理由の1つに「落ち着いた雰囲気の部屋作りをしたいから」があるのなら、役立ちそうな他の家具も提案すればよろこんでもらえるかもしれません。

このように消費者インサイトを活用すれば、消費者に求められる提案ができ顧客満足度の向上につなげられます。

2.サービス・製品の改善のヒントを探せるから

サービス・製品の改善のヒントを探せることも、消費者インサイトが重要視される理由です。

消費者インサイトから消費者の無意識下の欲求や不満を把握して、既存のサービス・製品改善を行えるからです。

例えば、消費者インサイト調査により、商品を買って欲しいターゲット層がどんな日常を楽しんでいるのか分析してみます。

もしターゲット層の食卓で豪華な食事を楽しまれていることがわかれば、質を追求した高価格帯の商品提供が受け入れられるかもしれません。

このように消費者インサイトをもとに、消費者のニーズに合わせてサービス・製品の改善のヒントを探せる期待ができます。

3.新たな市場を発見しやすいから

消費者インサイトを把握できると、新たな市場を発見しやすくなります。まだ消費者自身でさえ気が付いていないニーズをもとに、戦略を立てられるからです。

実際に自社の調査では、コロナ禍による外出自粛の影響から、チキンラーメンがべランピングのお供として消費されていることが分かりました。

このように状況が分かれば、消費者が求めている新しい市場を発見できるんです。

4.消費者に刺さる訴求を見つけやすいから

消費者に刺さる訴求を見つけやすいことも、消費者インサイトが重要視される理由です。消費者本人でさえ気がついていない欲求を、客観的な視点で見つけられるからです。

何気なく見かけたポスターや電子POPなどを、思わず見入ってしまったことはありませんか?

こんなときは、自分では気がついていないうちに求めている欲求が言語化されていたため、思わず心を奪われたのかもしれません。

このように、消費者に刺さる訴求を見つけられれば心を惹きつけられるため、集客や売上アップに活用できる期待ができます。

消費者インサイトの調査方法

No.調査方法概要
1アンケート調査あらかじめ用意した質問について多数の人に
回答してもらい、結果を集計する手法
2インタビュー消費者へのインタビューを通して、その人の
こと・普段の生活・製品への評価など知りた
い情報を収集する手法
3行動観察調査(エスノグラフィ)調査対象者の自宅に訪問して行動を観察して、
話を聞きながら、対象者と同じ環境に一定期間
身を置く手法
4Web・SNS調査SNSを活用して、より顧客の正直な意見や
感想を集められる手法

ここで消費者インサイトの調査方法を4つ紹介します。

1.アンケート調査

アンケート調査は、同じ質問をたくさんの人に回答してもらう調査。定量調査のため、多数派の意見を理解できます。

定量調査と定性調査の違い
  • 定量調査:属性を知りたい時に利用する。データから仮説の検証ができる。
  • 定性調査:個人を知りたい時に利用する。結果から仮説の構築ができる。

多くの人の意見がわかれば、インサイトを深堀するヒントとして利用できるかもしれません。

もし、何を質問していいか分からない場合はすでに行われたアンケート調査をヒントにしてみましょう。

2.インタビュー

インタビューは大きく分けて2種類の調査方法があります。

インタビュー調査の主な種類
  • デプスインタビュー:1対1の会話形式でインサイトを深堀していく調査方法。プライベートな質問ができたり、周囲の意見に左右されず意見できたりする。
  • グループインタビュー:2人以上の調査対象者に座談会形式でインタビューを行う調査方法。複数名からまとまった意見を短期間で収集できる。

上記の方法は得られる結果が全く異なります。そのため、「何が知りたいのか?」という目的を把握した上で使い分けましょう。

3.行動観察調査(エスノグラフィ)

行動観察調査(エスノグラフィ)は言葉だけではなく、人の行動から情報を得られます。その中には無意識下で行動している場合もあるんです。

顧客の思考や行動の理由を想像しながら観察することで、同じ環境に身を置いている分、消費者インサイトを見つけやすくなります。

4.Web・SNS調査

Web・SNS調査は、口コミサイトやTwitter・InstagramなどのSNS投稿を調査する方法です。

とくにSNS投稿はユーザー自身が投稿するため、普段の生活が反映されやすく消費者のリアルな声を収集できます。

例えば、ハンバーガー店の口コミを調査してみると「形が崩れやすく、食べにくい」「ボリュームがすごい」など率直な感想を把握しやすいんです。

Web・SNS調査は情報が早く、簡単に収集できます。そのため、新商品の開発・既存商品の改善にも役立つかもしれません。

消費者インサイトを業績アップへ活用する3つのポイント

消費者インサイトを業績アップへ活用する3つのポイント
  1. 目的・ターゲットに合わせて調査方法を選ぶ
  2. 調査結果を数値化して分析する
  3. 仮説・検証を繰り返す

ここで、消費者インサイトをより業績アップにつなげるためのポイントを3つ紹介します。

1.目的・ターゲットに合わせて調査方法を選ぶ

消費者インサイトを業績アップへ活用するには、目的・ターゲットに合わせて調査方法を選びましょう。調査ごとに得られる結果は異なるためです。

「何が知りたいか?」という目的を把握して、適切な方法を選んでみてください。

適切な調査方法の例
  • 消費者のリアルな声が知りたい:Web・SNS調査
  • 無意識下の行動を知りたい:行動観察調査(エスノグラフィ)
  • 一度に多くの人の情報を集めたい:アンケート調査

もちろん上記はあくまで一例です。活用できるデータを増やすため、目的・ターゲットにあった調査方法を選びましょう。

2.調査結果を数値化して分析する

消費者インサイトを業績アップへ活用するには、調査結果を数値化して分析しましょう。調査はデータ収集だけが目的ではないためです。

例えば、同じ回答をした人の属性や人数などを数値化することで、多方面の角度から消費者のインサイトを分析できます。

一方で、数値だけに注目すると消費者の本音を把握しにくい恐れがあるんです。より消費者インサイトに迫るためにも、数値と意見の両方を活用してみてください。

3.仮説・検証を繰り返す

消費者インサイトを業績アップへ活用するには、仮説・検証を繰り返しましょう。

仮説を立てると仮説の立証に必要な情報が定められ、実際に調査を行うことで検証が可能になります。

仮説を立てるには、消費者の立場に立って考える必要があります。

「仮説を立てる→調査→検証→仮説を立てる」を繰り返すことで、少しずつより本音に迫る消費者インサイトを捉えられるようになっていくんです。

そのため、仮説・検証を繰り返した消費者インサイトは業績アップに活用しやすくなるはずです。

バイアスのかからない消費者インサイトを知りたいのならソーシャルリスニングが有効

バイアスのかからない消費者インサイトを知りたいのなら、ソーシャルリスニングが有効です。ソーシャルリスニングでは、普段の生活が反映された消費者のリアルな声を収集できます。

そこからインサイトを把握できれば、消費者が本当に欲しい商品・サービスを開発できる可能性が上がるかもしれません。

ソーシャルリスニングに興味がある場合は、下記の記事で詳しく解説しています。おすすめのツールや効果的に行うポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ソーシャルリスニングとは?効果的な活用方法&おすすめツール10選

より本音に迫る消費者インサイトを調査するならAIGENICがおすすめ

消費者インサイト調査でAIGENICをおすすめする理由
  • 消費者の率直な意見があふれるSNSから分析するから
  • AIが自動で分析するので、効率的に消費者インサイトを発見しやすいから
  • 共感性の高い少数派の意見も把握できるから

より本音に迫る消費者インサイトを調査するなら「AIGENIC」がおすすめです。AIGENICは、消費者の率直な意見があふれるSNS投稿から情報を集めます。

さらにAIが情報収集から分析まで自動で行うため、効率的に消費者インサイトを把握しやすくなるんです。

例えば「ボジティブフレーズ分析」という機能は、AIがインスタグラム投稿からポジティブなフレーズを自動でランキング化します。

これはハッシュタグの数だけでなく、投稿者の熱量も加味してランキング化されるため、共感性の高い少数派の意見も拾えるんです。

このように、AIGENICならユーザーが認識していないインサイトを早期に発見しやすくなります。資料は無料なので、気になった方は下記より気軽にダウンロードしてみてください。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

消費者インサイトを活用して業績アップへつなげよう

本記事のまとめ
  • 消費者インサイトとは、消費者本人が無意識のうちに抱いている本音のこと
  • バイアスのかからない消費者インサイトを知りたいのなら、ソーシャルリスニングが有効
  • より本音に迫る消費者インサイトを調査するなら、AIGENICがおすすめ

消費者インサイトとは、消費者本人が無意識のうちに抱いている本音のことです。把握できれば、顧客満足度の向上やサービス改善に役立ちます。

もし、バイアスのかからない消費者インサイトを知りたいのであれば、ソーシャルリスニングを活用しみてください。

SNSには、生活者の率直な意見があふれています。そのため、アンケート調査ではわからなかった消費者インサイトが見つかるはずです。

なお、より本音に迫る消費者インサイトを調査なら、SNS解析サービス「AIGENIC」がおすすめです。

AIGENICは、AIが自動で情報収集から分析まで対応するサービス。SNS投稿から分析するため、効率的に消費者インサイトを把握しやすくなります。

もし興味がおありでしたら、資料は無料なのでぜひ以下から気軽にダウンロードしてみてください。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード